日曜日の京都の10Rは1000万クラスの芝1800m定量戦。

頭数が11頭と馬券妙味を考えたら手頃な頭数。

頭数が少ないと紛れが少なくなる分、各馬余すところなく力を存分に発揮できることだろう。

状態面の把握をキッチリとして、馬券的中を確実にしたいところだ。


<10月12日(日)清滝特別の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アルテ 10/9 栗坂 53.1 - 38.8 - 25.3 - 12.4 強め
2枠 2番 ヴァリアシオン 10/9 栗坂 54.1 - 39.4 - 25.6 - 12.8 一杯
3枠 3番 アドマイヤカーリン 10/9 CW 83.4 - 68.9 - 54.1 - 40.7 - 12.8 馬也
4枠 4番 タマモトッププレイ 10/9 栗坂 56.6 - 40.8 - 25.4 - 12.2 一杯
5枠 5番 スズカアンペール 10/9 栗坂 54.0 - 38.6 - 24.9 - 12.4 一杯
6枠 6番 ファルスター 10/9 栗坂 53.7 - 39.2 - 26.0 - 13.3 一杯
6枠 7番 ツヨシノブルーム 10/9 栗坂 59.0 - 40.3 - 25.5 - 12.9 馬也
7枠 8番 エタンダール 10/9 栗坂 54.3 - 38.5 - 24.5 - 12.2 一杯
7枠 9番 ストロベリーキング 10/9 CW 85.4 - 69.7 - 54.4 - 39.5 - 12.1 強め
8枠 10番 タブレット 10/9 栗坂 52.9 - 39.1 - 25.9 - 13.2 一杯
8枠 11番 アルバタックス 10/9 栗坂 53.3 - 38.4 - 25.0 - 12.5 一杯

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:アルテ)
前走のセントライト記念(G2)は17着と大敗したが、現状の完成度の差が浮き彫りになった形か。
条件クラスに戻り、力を発揮できるかということに焦点が気になるところ。
中間の調整は坂路コースで終い重点の追い切りを実施。
2週連続でラスト1Fを12秒台と鋭い動きを見せている。
まだ3歳馬だけに、成長力でこのクラスを突破できるか、要チェックだ。

【予想 京都11R オパールS】馬も騎手もリフレッシュ効果で直線一気の抜け出しを!

【調教展望】10月12日(日)東京10R テレビ静岡賞

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿