日曜日の新潟のメインレースは「セントライト記念(G2)」。

例年は中山競馬場で行われているため、ちょっと違和感を感じながらも楽しみなレースがやってきた。

早くも菊花賞トライアルが行われる事に、夏があっという間に過ぎ去ったことを実感している。

でも、夏を休養していた馬が帰って来たのは嬉しい事。

トライアルレースは、休養馬と上がり馬の激突レースでもある。

きっちりと調教内容を見て、レースに活かせるようにしていこう。

<9月21日(日)セントライト記念の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ラングレー 9/17 栗坂 51.5 - 38.1 - 25.3 - 13.0 一杯
1枠 2番 エアアンセム 9/17 美坂 53.9 - 39.6 - 26.0 - 13.0 強め
2枠 3番 ダイワリベラル 9/17 南W 68.6 - 54.0 - 40.0 - 13.1 馬也
2枠 4番 ショウナンラグーン 9/17 南W 79.4 - 64.3 - 51.1 - 37.9 - 12.7 強め
3枠 5番 イスラボニータ 9/17 南W 69.7 - 54.3 - 38.7 - 12.4 馬也
3枠 6番 マイネルフロスト 9/17 南W 68.9 - 53.3 - 38.9 - 12.5 馬也
4枠 7番 サトノフェラーリ 9/17 美坂 55.3 - 40.1 - 26.3 - 13.2 馬也
4枠 8番 オウケンブラック 9/17 美坂 55.8 - 40.8 - 26.1 - 12.7 仕掛
5枠 9番 ヨッヘイ 9/17 南W 81.1 - 66.4 - 52.0 - 38.8 - 13.1 馬也
5枠 10番 ステファノス 9/17 CW 80.3 - 64.9 - 51.0 - 37.6 - 12.2 一杯
6枠 11番 サングラス 9/17 CW 78.3 - 63.5 - 50.2 - 37.3 - 13.0 一杯
6枠 12番 アルテ 9/17 栗坂 52.8 - 38.2 - 25.0 - 12.8 強め
7枠 13番 ワールドインパクト 9/17 CW 81.1 - 65.6 - 52.0 - 39.0 - 12.7 強め
7枠 14番 タガノグランパ 9/17 CW 82.5 - 66.9 - 52.2 - 38.9 - 12.1 一杯
7枠 15番 デルカイザー 9/17 南W 69.7 - 53.2 - 39.0 - 13.6 馬也
8枠 16番 トゥザワールド 9/17 CW 81.7 - 66.7 - 52.4 - 38.2 - 11.6 一杯
8枠 17番 クラリティシチー 9/17 南W 82.8 - 67.5 - 53.2 - 39.2 - 13.0 一杯
8枠 18番 メイクアップ 9/17 栗坂 53.6 - 38.9 - 25.4 - 12.8 強め

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:ショウナンラグーン)
ダービー以来の出走で、しっかり乗り込まれている。
馬の反応を見ているかなのか、ずっと馬なりで調整されている。
それでも、今週は南Wコースで6F79秒台と速い時計。
ラスト1Fも12秒台で動けており、完調までにはまだ1歩手前だろうが、
初戦から走れる態勢にあるだろう。
長い直線のコースで、今年の新潟開催はこの馬にはありがたいことだろう。


(3枠6番:マイネルフロスト)
ダービーで人気薄ながら3着と大健闘。
それ以来の出走となるが、乗り込み量は十分で、
南Wコースでこの馬なりに調整されている。
特段速い時計を出されている訳ではないが、徐々にピッチを上げて
調整されており、このレースに照準が合った感じに好感が持てる。


(4枠7番:サトノフェラーリ)
藤沢厩舎らしい馬なり調整だが、坂路コースで負荷を掛けられながら乗り込まれている。
特段速い時計が出されている訳ではないが、毎週坂路コースできっちりと動けている。
馬の成長に合わせているという感じで、休養明けの前走勝ちからの2走目となるが、
更なる上積みを感じる内容。
期待できる1頭だろう。


(8枠16番:トゥザワールド)
ダービーでは今までのスタイルを変更して差す競馬を試みたが、
前を捉えることが出来なかった。しかし、調教内容を見ると、坂路とCWコースを織り交ぜて
終いを伸ばす調教を施されている。
毎週、日曜日と水曜日に時計を出されており、出走馬の中で1番負荷を掛けられているのではないかと思う。
成長度という点で、逆転も十分に考えられる調整内容だ。

【調教展望】9月21日(日)阪神11R ローズS(G2)

【予想 阪神11R オークランドRCT】予想難し! 混戦の中から選び出された軸馬2頭。

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿