土曜日、ついに阪神競馬開催になり、秋競馬に足を踏み入れることになる。

ワクワク感が高まる瞬間でもあり、秋という季節の始まりを感じられる瞬間でもあると思う(いいすぎ(^^;)。


とはいえ、ローカルコースとは全然違う訳で、予想の方もしっかりとしていきたい。

個人的には阪神コースは相性のいいコース。

しっかりと調教内容を把握して、状態の良さそうな馬を見つけ出したい。


<9月13日(土)エニフSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 トーホウチェイサー 9/10 栗坂 52.3 - 38.2 - 24.9 - 12.8 一杯
2枠 2番 ワイドバッハ 9/10 栗坂 53.5 - 38.9 - 25.5 - 12.7 一杯
3枠 3番 キクノストーム 9/10 CW 87.5 - 71.6 - 55.6 - 40.9 - 12.4 馬也
4枠 4番 ガンジス 9/10 栗坂 50.9 - 37.9 - 26.1 - 13.8 一杯
4枠 5番 フィールドシャイン 9/10 栗坂 53.1 - 38.2 - 25.1 - 12.9 一杯
5枠 6番 タイセイスティング 9/10 南W 67.9 - 52.0 - 39.2 - 12.8 馬也
5枠 7番 ポアゾンブラック 9/10 栗坂 52.4 - 37.6 - 24.3 - 12.7 一杯
6枠 8番 ナリタスーパーワン 9/10 栗坂 52.4 - 37.4 - 24.6 - 12.6 一杯
6枠 9番 キズマ 9/10 栗坂 54.5 - 38.7 - 24.7 - 12.2 仕掛
7枠 10番 アーリーデイズ 9/10 栗坂 55.6 - 40.1 - 25.3 - 12.5 一杯
7枠 11番 サウンドリアーナ 9/10 CW 83.7 - 67.3 - 52.2 - 38.4 - 12.5 一杯
8枠 12番 ドレッドノート 9/10 栗坂 55.0 - 39.3 - 25.0 - 12.4 強め
8枠 13番 メイショウノーベル 9/10 CW 83.8 - 67.4 - 52.7 - 39.1 - 13.4 一杯

【◎ピックアップ!】

(6枠8番:ナリタスーパーワン)
前走は小倉の1700m戦だったが、10着と大敗。
距離がこなせないという訳ではないだろうが、やはりベストな距離は1400mか。
2走前の天保山Sでは3着とメンバーを見渡せば上位争いは確実にできる力を持っている。
調教も入念に乗り込まれており、陣営の慎重さが窺える。
先週、今週と坂路で52秒台。状態面から推したい1頭だ。


(6枠9番:キズマ)
前走では、前に行って粘りに粘るこの馬らしい競馬を見せた。
距離は1400mでも得意範囲の範疇だろう。
今週の調教では終い重点の内容。
ラスト1Fを仕掛けられると12.2秒と申し分ない動き。
後は、同型との兼ね合い次第と言ったところか。

【調教展望】9月13日(土)新潟11R 紫苑S

これで本命馬券も穴馬券も逃さない! 5つのステップで答えを導き出す競馬予想の仕方[Part2]

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿