日曜日の目玉は夏のG1と言われている

「札幌記念(G2)」。

逆に言えば、もう夏の架橋が過ぎ、秋の到来がすぐさま舞い降りてくる時季かも知れない。


今年も例年に違わず、好メンバーが揃った。

完全復活を果たしたゴールドシップはじめ、最強牝馬の称号の階段を登るハープスター。

小回りで逃げ足脅威なトウケイヘイローなど、どの角度から見ても面白そうなレースになるだろうと思う。


特異なのは、札幌競馬場でレースをするということだ。

ほとんどの馬たちは、中央の競馬場でレースをしている馬たち。

展開面もいつもと違って、小回りコースであることを意識しないといけないだろう。

でも、”前提条件はきっちり仕上がっていて、体調が万全であるということ” ということに変わりはないだろう。

調教内容はしっかりと押さえておきたいところ。


<8月24日(日)札幌記念の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ロゴタイプ 8/20 函W 68.0 - 53.3 - 39.5 - 13.1 馬也
2枠 2番 トウカイパラダイス 8/20 函W 66.9 - 51.5 - 37.8 - 12.6 一杯
3枠 3番 タマモベストプレイ 8/20 函W 68.4 - 52.8 - 38.6 - 12.6 一杯
3枠 4番 ムーンリットレイク 8/20 函W 70.1 - 54.1 - 39.5 - 12.5 一杯
4枠 5番 ゴールドシップ 8/20 函W 69.0 - 53.9 - 39.7 - 13.1 馬也
4枠 6番 トウケイヘイロー 8/20 函W 70.6 - 55.3 - 41.5 - 13.0 馬也
5枠 7番 エアソミュール 8/20 函W 71.9 - 55.0 - 39.6 - 12.7 馬也
5枠 8番 ハープスター 8/20 札芝 80.1 - 64.6 - 51.0 - 36.4 - 11.1 一杯
6枠 9番 アドマイヤフライト 8/20 函W 68.3 - 53.4 - 39.3 - 12.4 強め
6枠 10番 ホエールキャプチャ 8/20 札芝 79.7 - 64.3 - 49.8 - 35.4 - 11.5 強め
7枠 11番 ラブイズブーシェ 8/21 札ダ 84.2 - 67.8 - 52.5 - 38.3 - 12.0 強め
7枠 12番 ルルーシュ 8/21 札芝 84.0 - 67.1 - 52.3 - 36.8 - 11.7 馬也
8枠 13番 スーパームーン 8/21 札芝 83.6 - 66.7 - 51.9 - 36.5 - 11.7 馬也
8枠 14番 ナカヤマナイト 8/20 札芝 62.8 - 49.1 - 35.1 - 11.9 馬也

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ロゴタイプ)
7月下旬から時計を出し始め、徐々にピッチをあげて調整されている。
3週連続函館のWコースで時計を出されており、先週は5F64秒台を計時。
先週で仕上がった感があり、今週は調整程度。
それでも5F68秒台でまとめ、ラスト1Fも13前半で動けいている。
昨年は雨に泣いたが、今年はどんな展開になるのか、成長がみたい1頭。


(6枠9番:アドマイヤフライト)
前走後も順調の乗り込まれている。
先週に函Wコースで一杯に追われ、実質的な追い切りを済ませている。
今週は函Wコースで終い重点の追い切り。
ラスト1Fを12.4秒と上々の動きを見せ、力を出せる態勢は整ったか。
後は展開の助けがあればといったところだろうか。


(7枠11番:ラブイズブーシェ)
前走の函館記念では見事なロングスパートを見せた。
その時も調教は動いていたが、今回も引き続き好調を保っているようだ。
今週の調教では札幌ダートコースで終い重点の追い切りで、ラスト1F12.0秒を計時。
これだけ動けているのは、調子の良い証だろう。


(8枠14番:ナカヤマナイト)
このレースへ向けて、一番ハードに乗り込まれているのはこの馬だろう。
先週は札幌ダートコースで6F79秒台を強めに追われており、
今週は芝コースで5F62秒台と速い時計。
2週連続これだけやれているのは、体調が良いからだろう。
一変があるなら、この馬か。

【予想 札幌11R 札幌記念(G2)】メンバー問わず、自分のレースに徹するだけ!

【予想 新潟11R 日本海S】上がり勝負を制するのはこの馬だ!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿