8月になって夏競馬の開幕だ。

ということで、土曜日の小倉メインレースは「KBC杯」

1600万条件のダート1700m別定戦。

頭数は13頭と手頃な頭数で、是非とも射止めたいレース。

仕掛けどころが難しいコースであると思うし、ジョッキー達も色々試しながら騎乗をすることだろう。

読み辛い点は多いだろうけど、馬の状態の善し悪しは事前に把握しておきたいところ。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・5枠7番:トウシンイーグル(初ダート)

前提条件の対象馬は1頭。

トウシンイーグルが初めてのダート出走。

ダートに新味を求めての参戦らしいが、吉とでるか凶とでるか。

一変の可能性もあるだけに注意は必要だろう。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開を予想していこう。

内から2枠2番アントニオピサと外から7枠10番のアイムヒアーの2頭がハナを主張したい感じか。

2頭ともそこそこテンが速いだけに、平均ペース以上のレースになりそうな感じがする。

先行勢には人気のワンダーアシャードもいるだろうし、

ん~、スタミナとスピードの両方を求められるレースになりそうだ。


そんな想定だから走破時計は多少速いだろうと思う。

1分43秒くらいかなと。


軸馬に選ぶ観点としては、自在性があって時計勝負できる馬かな。

となると、

 ・3枠3番:ワンダーアシャード
 ・4枠4番:タナトス
 ・7枠11番:マイネルクロップ

の人気3頭が上位かなって思う。

そして、【調教】【近走安定感】【コース実績】等を踏まえると

 ・3枠3番:ワンダーアシャード

で軸は決まりかなって思う。

1番人気だろうけど逆らわずに馬券は買っていきたい。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
3 - 4,12 - 4,5,6,7,8,9,11,12 (15通り)


あまり荒れそうな感じもしないから、

点数はこんなものか。

ワンダーアシャードはここでは力上位だろうし、安心してレースを観たいと思う。

鞍上が浜中君に変わっても、乗り代わりによるマイナスは考慮しなくてもいいだろう。


頭数が少ないレースだけに、思う存分能力を出し切って欲しいね。

頑張れ! アシャード!

【調教展望】8月2日(土)札幌11R 札幌日刊スポーツ杯

【調教展望】8月2日(土)小倉11R KBC杯

comment iconコメント 数 1

素晴らしい

完璧な予想ですね。

名前: まさ [Edit] 2014-08-02 15:42

コメントの投稿