”夏バテ”なんて言葉は馬にもあるのだろうか。

20年以上競馬を楽しませて貰っているが、昔ほど馬の夏バテということを聞かなくなったような気がする・・・。


昔に比べて夏の気候は暑くなっていると思うんだけどナゼだろうね?

一説には、

 ・調教環境の変化
 ・食物の変化(サプリメント等の摂取)

により、昔ほど馬がバテなくなって来ているのだそうだ。


昔は春のG1戦線で活躍していた馬は、秋まで休養というのが定説というか

常識的なローテーションとして組み込まれていたはず。

しかし、今では夏の代表レースの札幌記念(G2)に参戦する強い馬が牡馬、牝馬問わず多く見られるようになったと思う。

男馬は特に夏場に弱いなんて言われていたけど、今はそうでもないような印象を受ける。

でも、やっぱり夏場は牝馬の方がより力を発揮しやすいのかな?


そんな観点で今週の新潟メインレースの

「アイビスSD(G3)」

の過去10年のデータを見てみたいと思う。


************************************************************
<データ算出条件>
・過去10年のアイビスSD(G3)の勝ち馬データ
************************************************************


【年齢】
・3歳 2頭
・4歳 3頭
・5歳 3頭
・6歳 2頭


年齢分布は万遍なくといった感じか。
特に何歳馬が有利とかいったことはなさそうだ。


【性別】
・牡馬 3頭
・牝馬 7頭


牝馬が7頭と圧倒的。
やはり夏場は牝馬が強いのだろうね。


【人気】
・1番人気 3頭
・2番人気 1頭
・3番人気 1頭
・7番人気 3頭
・8番人気以降 2頭


1番人気は3頭と信頼できるデータではない。
逆に7番人気より下位人気が5頭と約半数を占めている。
荒れやすいレースと言えるだろう。


【前走からの間隔】
中2週 2頭
中3週 1頭
中4週 1頭
中5週 3頭
中7週 2頭
中8週以上 1頭

休養明けで勝利している馬は1頭だけ。
叩かれて臨んでいる馬の方が結果は出ている。


【前走の着順】
・1着 2頭
・2着 1頭
・3着 2頭
・4着 1頭
・5着以下 4頭


前走の着順はまちまち。
特に気にしなくても良さそうだ。
やはりそのときの状態の方が重要ということだろう。


【前走の距離】
・1000m 2頭
・1200m 8頭


前走距離は1200m以下というのが
満場一致条件か。


【枠順】
・1枠 0頭
・2枠 1頭
・3枠 0頭
・4枠 0頭
・5枠 3頭
・6枠 0頭
・7枠 3頭
・8枠 3頭

枠順は外が有利と言えるだろう。
このレースは外ラチにを頼れた馬が強い。
内枠でもうまく外に出せれば問題ないのだろうけど、
元々外枠の方が有利といえるのだろうね。



上記の結果を受けて、いかがだったであろうか?

どの枠に入るかで結果が大きく変わってきそうなだけに、

枠順発表後に検討した方が良いレースなのかな。

後は、とにかく調子の良さそうな牝馬を狙っていきたいレース。

今年は6頭の牝馬が出走登録している。

フォーエバーマークを筆頭に慎重にチェックをしていきたいレースだ。


毎年どんな展開になるのか読み辛いレースであるけど、

今年はどんな流れになるのか、逆に楽しみなレースでもある。

【調教展望】8月2日(土)新潟11R 佐渡S

【データ】2011年のクイーンS(G3)を参考に今年の勝ち馬を探ってみた

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿