日曜日の札幌のメインレースは「エルムS(G3)」。

ダートの1700mの別定戦。

13頭と手頃な頭数。

しかし、メンバーは実力拮抗の力のある馬たち。

開幕週の札幌だけに、しっかりと射止めたいレース。

状態の良い馬からドンドン狙っていこう。


<7月27日(日)エルムSの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 フリートストリート 7/23 札ダ 66.7 - 51.6 - 38.6 - 12.2 馬也
2枠 2番 ブライトライン 7/23 函W 67.8 - 54.3 - 41.5 - 14.0 一杯
3枠 3番 ソロル 7/23 函W - - 55.6 - 40.8 - 12.9 一杯
4枠 4番 アンコイルド 連闘の為中間軽め
4枠 5番 グレープブランデー 7/23 札芝 62.6 - 48.9 - 35.0 - 11.7 強め
5枠 6番 グランプリブラッド 7/23 函W 67.8 - 52.5 - 38.1 - 13.2 馬也
5枠 7番 エーシンモアオバー 7/23 函W 67.9 - 53.2 - 38.8 - 13.2 一杯
6枠 8番 ローマンレジェンド 7/23 函ダ 66.3 - 50.4 - 37.3 - 12.1 一杯
6枠 9番 アスカクリチャン 7/25 札ダ 73.8 - 57.8 - 44.0 - 14.5 馬也
7枠 10番 クリノスターオー 7/23 函W 71.7 - 57.0 - 42.3 - 14.0 一杯
7枠 11番 クリールパッション 7/23 函W 69.0 - 54.0 - 40.1 - 13.0 一杯
8枠 12番 インカンテーション 7/23 札ダ 74.5 - 57.6 - 42.4 - 12.9 馬也
8枠 13番 ジェベルムーサ 7/23 函ダ 83.1 - 67.4 - 52.2 - 38.3 - 12.8 馬也

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:フリートストリート)
今週は札幌ダートコースで軽快な調教。
5F66秒台でラスト1Fも馬なりで12秒台。
叩き3走目でようやく本調子を取り戻して来たのか。
ここは取捨を慎重に行いたいところだ。


(4枠5番:グレープブランデー)
約半年ぶりのレース。
なかなか結果の出ないレースが続いているが、
今回は中間の乗り込みも入念で、好時計も連発している。
今週は芝コースで追い切られているが、これが吉と出るか凶と出るか。


(6枠8番:ローマンレジェンド)
昨年暮れの東京大賞典以来の出走。
中間の調教は乗り込み量も十分で、今週は函館ダートコースで好時計。
一昨年のこのレースの覇者であり、このレースで好走する下地は
十分だろう。

【予想:札幌11R エルムS(G3)の3連複勝負!】ここで復活、レジェンドはこの馬が作る!

【予想:札幌11R 札幌競馬場グランドオープンの3連複勝負!】外枠でもこの馬の力を信じて!

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿