土曜日の福島のメインレースは

1600万条件クラスのダートの1700m戦。

13頭と手頃な頭数。

上位拮抗なメンバーが揃った感じがあるが、

しっかりと展開を読み切ってレースを楽しみたいね。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・4枠4番:スズカヴィグラス(ブリンカー)
・5枠6番:リキサンステルス(ブリンカー)

ブリンカー着用馬が2頭。

2頭とも何走も前からブリンカー着用して出走しているだけに、

今回に限っての上積み等はないだろう。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開予想。

ん~、誰が逃げるんだろう?

5枠7番サイモンガーランドか6枠8番セイカフォルトゥナあたりかな。

ペースは前半がスローで、途中から誰かが動いて速くなる展開とみる。


まぁ、息の長い脚が使えれば前に位置できることに越したことはない。


よって、アンアヴェンジドやブラインドサイドなどの切れ味の鋭い馬たちよりも

スズカヴィグラスやリキサンステルスなどの長くいい脚を使えるタイプに分があるかなと思う。

よって、近走の安定感と内容から軸は

 ・5枠6番:リキサンステルス

に決定!

ここ2走で自在性を身に付けた感もあり、実績面の1枚上かと。

この馬を外す材料はない。


馬券は3連複で以下の買い目で購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
6 - 4,7,8,13 - 1,2,4,7,8,10,11,12,13 (30通り)


点数はちょっと多め。

仕掛けどころ1つで力を発揮できる馬が異なるだろうから

幅広く押さえておきたい。


リキサンステルスは脚質転換してから、安定して走れていると思う。

ここは小回りコースだけど、難なくクリアして欲しい。

頑張れ! 蛯名!

【調教展望】7月20日(日)函館11R 函館記念(G3)

【調教展望】7月19日(土)福島11R 安達太良S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿