19日(土)の中京メインレースはマレーシアカップ。

1600万条件クラスの芝2000mのレース。

出走頭数が11頭と少し寂しい頭数だけど、メンバーの中身は濃い。

定量戦と実力だけが頼りのレースとなりそうだ。

きっちりと状態の良さそうな馬を見極めておきたい。


<7月19日(土)マレーシアカップの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アトム 7/16 CW 82.1 - 66.6 - 51.7 - 38.2 - 12.0 馬也
2枠 2番 ダノンフェニックス 7/16 栗坂 計不 - 39.8 - 25.7 - 12.8 馬也
3枠 3番 ローレルブレット 7/16 栗坂 54.6 - 39.5 - 25.3 - 12.2 強め
4枠 4番 ローゼンケーニッヒ 7/16 栗坂 53.8 - 40.9 - 27.7 - 14.4 馬也
5枠 5番 フサイチアソート 連闘の為中間軽め
6枠 6番 トウシンイーグル 7/16 栗坂 57.9 - 39.8 - 25.4 - 12.7 馬也
6枠 7番 マイネルアイザック 7/16 栗坂 53.0 - 39.1 - 26.1 - 13.1 強め
7枠 8番 ロンギングダンサー 7/16 南D モヤ - モヤ - 40.9 - 13.8 馬也
7枠 9番 リヤンドファミユ 7/16 CW 82.9 - 67.5 - 52.6 - 38.8 - 12.1 一杯
8枠 10番 クランモンタナ 7/16 栗坂 51.8 - 37.8 - 24.8 - 12.6 一杯
8枠 11番 ロードロックスター 7/16 栗坂 55.7 - 40.5 - 26.3 - 12.6 強め

【◎ピックアップ!】

(8枠10番:クランモンタナ)
叩き2走目の前走では状態の良さを披露し、2着を確保。
今週の調教は坂路で51秒台と引き続き状態の良さは保っているだろう。
現級では力上位だけに、頭数の少ない今回は
力を出し切れる最高の舞台が整ったのではないか。

【予想】きっかけ1つでファミユの血が騒ぐ!『中京11R マレーシアカップの3連複勝負【自信度○】』

【調教展望】7月19日(土)函館11R 函館2歳S(G3)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿