今週の函館のメインレースは「函館記念(G3)」

函館競馬の最終週となり、気合を入れて締めくくりたいレースでもあると思う。

芝2000mのハンデ戦。

週末の函館はどうやら雨は降らない見込み。

直前までそんなことは分からないけど、良馬場でレースが施行されることに越したことはない。


事前の予習として、

過去10年の勝ち馬データから、どんな傾向が見られるのか探っていきたいと思う。


 ************************************************* 
 <条件>
 ・過去10年の函館記念(G3)の勝ち馬データ
 (※2009年は札幌開催より、データから除外)
 *************************************************


【年齢】
・4歳 3頭
・5歳 3頭
・6歳 1頭
・7歳 2頭
・8歳 1頭


3歳馬の出走はほとんどないだけに、勝ち馬がいないのも当然。
中心は4歳、5歳と見て良さそう。
しかし、8歳馬でも勝ち馬がでているように、状態面を優先に捉える必要がありそうだ。


【性別】
・牡馬 6頭
・セン馬 4頭
・牝馬 0頭


セン馬が多いが、2005年~2007年の函館記念は勝ち馬がエリモハリアーであり、
同一馬による3連覇。
セン馬であるエリモハリアーが勝っているだけに、セン馬は実質2頭。
牝馬は出走が少なく、全出走頭数の1割にも満たないから、
勝ち馬が出ていないことを気にする必要もない。


【人気】
・1番人気 2頭
・2番人気 2頭
・3番人気 1頭
・4番人気 4頭
・6番人気 1頭
・7番人気 1頭


1番人気は2頭だけと信頼には及ばない。
人気面を気にせず買ってもいいレースと言えるだろう。


【ハンデ(斤量)】
54キロ 2頭
55キロ 2頭
56キロ 3頭
57キロ 1頭
57.5キロ 1頭
58キロ 1頭


54キロよりも軽い馬は来ていない。
軽過ぎるというのも力のない表れと言えるだろう。
逆に力があれば、ある程度斤量を背負っていても
気にすることはないだろう。


【枠順】
・1枠 0頭
・2枠 3頭
・3枠 3頭
・4枠 3頭
・5枠 1頭
・6枠 0頭
・7枠 0頭
・8枠 0頭


面白い傾向が出ている。
最内枠と外枠は、なんと1頭も勝っていない。
逆に2~4枠に集中している。
このデータは覚えておきたい。


【前走からの間隔】
中2週 4頭
中3週 1頭
中6週 1頭
中8週 2頭
中9週以上 2頭


間隔が狭まっていようが、間隔が開いていようが、
特に関係はないようだ。
状態面がやはり重要ということだろう。


【前走の着順】
・1着 3頭
・2着 1頭
・3着 2頭
・4着以下 4頭


前走の着順が悪くても、体調が上向いていれば
特に問題はないということだろう。
顕著な傾向は見られない。


【前走の距離】
・1800m 5頭
・2000m 4頭
・2500m 1頭


前走の距離は1800m~2500mの範囲内で狙いたい。
マイラーにとってはやはり小回りの函館コースは
しんどいと見ることができるのだろう。



いかがだっただろうか?

過去10年の勝ち馬データから、何らかの傾向が見いだせれば

それだけでも予想の参考になる。

人それぞれ感じ方や捉え方は異なるだろうけど、

絞れない時や安心したい材料として活用するには十分役立つ情報であると思う。

【プレイバック:2006年 函館記念(G3)】雨降ったらスピードよりもスタミナ有利?

【振り返り:12日(土)中京11R 豊明S】上位馬には3F○○○という共通点があった!

comment iconコメント 数 2

相互リンクの件

相互リンクの件 了解です
リンク貼りました
よろしくお願いします(^з^)~♪

名前: ほ~す [Edit] 2014-07-16 17:13

Re: 相互リンクの件

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!

名前: システマ [Edit] 2014-07-16 18:48

コメントの投稿