夏競馬がいよいよ開幕する。

開催競馬場を福島と中京に移し、そして引き続き函館と3競馬場での開催となる。

開幕週2日目の福島のメインレースを飾るのは「ラジオNIKKEI賞(G3)」

成長途上の3歳馬たちがどんなレースを繰り広げるのか、見応えのありがそうな1戦だ。

芝1800mのハンデ戦。まずは出走馬16頭の状態をしっかりと把握しておきたいところ。


<7月6日(日)ラジオNIKKEI賞の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 カウニスクッカ 7/3 南W 82.0 - 67.3 - 52.8 - 38.4 - 12.9 強め
1枠 2番 オウケンブラック 7/2 美坂 55.7 - 40.3 - 26.5 - 13.0 馬也
2枠 3番 ウインフェニックス 7/3 南W 66.9 - 52.1 - 38.9 - 13.1 一杯
2枠 4番 クラリティシチー 7/2 南W 84.5 - 68.3 - 53.2 - 39.5 - 12.5 強め
3枠 5番 ベストドリーム 連闘の為中間軽め
3枠 6番 トシザキミ 7/2 栗坂 53.3 - 39.1 - 25.7 - 12.9 一杯
4枠 7番 ショウナンワダチ 7/2 南W 64.7 - 48.8 - 35.7 - 12.0 仕掛
4枠 8番 ブレイヴリー 7/2 栗坂 54.9 - 40.6 - 26.4 - 13.3 馬也
5枠 9番 ウインマーレライ 7/2 南W 71.2 - 55.2 - 40.0 - 12.6 馬也
5枠 10番 ハドソンヤード 7/2 栗坂 53.6 - 38.9 - 24.9 - 12.2 一杯
6枠 11番 ラリングクライ 7/2 南W - - 53.6 - 37.9 - 12.6 馬也
6枠 12番 ミヤビジャスパー 7/2 栗坂 55.9 - 40.6 - 25.7 - 12.1 一杯
7枠 13番 ピオネロ 7/2 CW 83.7 - 67.8 - 53.2 - 39.6 - 12.9 一杯
7枠 14番 イダス 7/2 栗坂 54.9 - 39.7 - 26.1 - 12.7 一杯
8枠 15番 ラディウス 7/2 栗坂 54.1 - 38.6 - 25.2 - 12.7 一杯
8枠 16番 メドウヒルズ 7/2 南W 81.0 - 66.0 - 51.6 - 38.5 - 12.5 馬也

【◎ピックアップ!】

(4枠7番:ショウナンワダチ)
前走後からもみっちりと乗り込まれており、
今週は南Wコースで5F64.7秒という好時計。
ラスト1Fも12.0秒と動きは文句なし。
レースで調教の良さを活かせればといったところで、
その点が解消されれば、ここでは上位必至だろう。


(5枠10番:ハドソンヤード)
前走後も順調のひと言。
今週の調教は坂路コースで終い重点の追い切り。
馬もそれに応えてみせてラスト1Fを12.2秒と鋭い動きを披露。
現在2連勝中で、さらに上昇中といったところか。


(6枠11番:ラリングクライ)
前走から2ヵ月を開けての出走。
中間の調教はハードにやられている訳ではないが、
この馬なりのペースで時計を出されている点に好感が持てる。
坂路と南Wコースを織り交ぜながらの内容で、
今週は、南Wコースでラスト1Fを12秒台で締めている。
成長が伴っていれば、3連勝は目の前か。


(8枠16番:メドウヒルズ)
前走は馬場が悪い中も最後の直線では突き放す強い内容。
中1週の競馬ながら今週は南Wコースでしっかりと追われている。
時計も6F81秒台と水準以上の時計。
ラスト1Fも馬なりで12秒台と目下絶好調といったところだろうか。

【調教展望】7月6日(日)中京11R CBC賞(G3)

【お宝】この条件でキングカメハメハ産駒を買い続ければ、お金が2倍に増える?

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿