土曜の東京メインレースは、1600万条件のマイルのダート戦。

ハンデ戦に16頭が出走と混戦は避けられない。

こういった混戦レースに果敢に挑んでいくことで、自分の予想力を上げて行けるのなら、チャレンジあるのみだよね。

がんばって予想して的中させたいレースだ。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


・5枠10番:オメガスカイツリー(初ブリンカー)
・6枠12番:スズカヴィグラス(ブリンカー)

2頭がブリンカーを着用して出走。

スズカヴィグラスは近走ずっとブリンカーを着用して出走しているから、ここで特別な上積みはないだろう。

一方、オメガスカイツリーは初めてのブリンカー着用。

近走はずっと追い込み脚質だったが、集中して走れるようになるなら脚質転換の可能性もあり得る。

その点は頭の片隅に置いて予想を進めていかないと。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------


続いては展開予想。

逃げそうなのは、3枠6番セイカフォルトゥナか4枠7番シンボリエンパイアあたりか。

どちらもスローで逃げる感じがしない。

前半3Fは35秒くらい、走破時計は1分35秒0くらいになるのではないかと想定。


脚抜きが良い馬場状態だし、ちょっと追い込み一辺倒の馬にはしんどい流れになるかも、って思う。


ハンデ戦だけに、実績面での比較って言うのが難しくなる。

だから、ハンデ戦の場合は、【ラスト3Fタイム】が優秀な馬をまずは見つけ出す必要がありそうだね。

となると、

 ・2枠3番:ダノンミル
 ・3枠5番:トロワボヌール
 ・4枠7番:シンボリエンパイア
 ・5枠10番:オメガスカイツリー
 ・6枠12番:スズカヴィグラス
 ・7枠14番:クラージュドール
 ・8枠16番:タマブラックホール

の7頭が優勢のような感じ。

次なるファクターは【馬齢(3歳・4歳)】、【調教】、【距離短縮】というプラスファクターを当てはめると、

 ・7枠14番:クラージュドール

がピックアップされる。

現級を勝っているからトップハンデであることは否めない。

だけど、2走前の休養明けから馬が目覚めた感じ。

このレースは前走から条件が思いっきり変わるけど、単なる試練になるのかな。

オープンで活躍していくためにも、ここではストップできないし。


池江厩舎が戸崎を起用してくるのも期待の表れだろう。

よってクラージュドールを軸に馬券を購入しようと思う。

相手候補は上記でピックアップしたラスト3Fの脚が優秀な馬。

買い目は3連複で以下の通り。

(3連複フォーメーション)
14 - 3,5,6,7,10,12,16 - 1,3,5,6,7,9,10,11,12,15,16 (45通り)


荒れる要素も十分含んでいるから、

点数はある程度幅を広げて。

もし、このレースで戸崎が意図的に後方からレースを運ぶんで負けたのであれば、

それはそれで仕方なし。

脚質転換も見てみたいけどね。


戸崎がどんな騎乗をするのかも楽しみのレース。

がんばれ! クラージュドール!

【予想】難解レースは2頭軸でカバーを万全に!『阪神11R 三宮Sの3連複勝負【自信度△】』

【調教展望】6月28日(土)函館11R STV杯

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿