日曜日の阪神最終12Rは500万条件の定量戦。

ダート1400mに15頭が集った。

地方から転入してきたサトノデプロマットが前走では強い勝ち方をして注目を集めているレースだけど、

しっかりと健闘して予想をしていきたい。


------------
 ■ 前提条件の確認
------------


特にブリンカー着用の馬や、初ダートの馬はいない。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------

まずは展開予想。

逃げるのは、8枠15番サトノデプロマットだろうか。

他に同型は7枠12タマモライトもいるけど、テンのスピード言えば、サトノデプロマットだろう。

前走で圧勝しているだけに、今回もハナを切りたいだろうと思う。

逆にハナを切らなかった場合、末脚勝負だと脆さを見せる可能性もある。


その点の考慮が必要な訳だけど、

前走の勝ち時計が500万クラスにいるような時計ではない。

よって、ここは素直に前走の圧勝劇を信頼したい。

外枠で砂を被らずスタートダッシュを決めていけるのもプラスだろうと思う。


軸は

 ・8枠15番:サトノデプロマット

から3連複で馬券を購入していこうと思う。


圧倒的な1番人気だから、点数は減らして行けるように慎重に検討していきたい。

しかし、3歳、4歳の馬がほとんどを占めるため、点数は増えてしまう。

成長期の馬は、一気に時計を詰める成長ぶりを見せることも多いし、そこは押さえないと万馬券を自ら逃してしまうことにもなる。

だから、どちらかといえば、2、3着の馬は人気のない馬が来てほしいと思う。


買い目はサトノデプロマットから以下の様に購入。

(3連複フォーメーション)
16 - 1,2,4,5,6,9 - 1,2,3,4,5,6,7,9,10,12,14 (45通り)


万全を喫した買い方だと思う。

強い馬が強い勝ち方をして欲しい。

ここも圧勝だ。

頼むぞ! 太宰!!

【振り返り:第64回 安田記念】最強のパフォーマンスをありがとう。

【予想】ウィリアムズに導かれ、この馬が流れ込む! 『東京12R 三浦特別の3連複勝負【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿