メンバーは昨年に比べると、ちょっと落ちる気がする。

だけど、臨戦過程と実績から、やっぱジェンティルドンナの中心の見解になるだろうね。

昨年の優勝馬だし、なぜかジャパンカップは牝馬の活躍が目立っている。


そして、このレースを予想する上で、以下の2つを仮定しておかなければいけないと思う。

・誰がどんなペースで逃げるのか
・ゴールドシップがどのような仕掛けをするのか

という2つ




まず、1つ目の”誰がどんなペースで逃げるのか”ということだけど、

日本馬だけを見れば、誰が逃げるんだろう?

って感じの構成。

枠と前走成績から考えて、ヴィルシーナがハナに行きそうかな。って感じ。

かといって、ハイペースで逃げることはなさそうだ。

後は外国馬がどう出るか、というのがキーになってくるけど、情報が分からない・・・


こういうスローペースになりそうなレース程、大逃げする馬とかでてくる可能性があるが、コース形態からあまり早くならないのではないかと推定する。



そして、2つ目の”ゴールドシップはどのような仕掛けをするのか”という問題。

この馬は、最近のレースを見る限り、かなりの気分屋さんだよね。

鞍上のウチパクをかなり困らせてる印象。


そんな困ったちゃんでも、ゴールドシップが直線だけに掛けて勝負してくるとは考えにくい。

最近はづぶさを感じるようになったし、上りが掛かる方がこの馬には向いてるだろうと思うから。

ロングスパートで盛り上げてくれるんだろうな・・・。


有馬記念の時のような目の覚める足を使えれば、スーパーロングスパートは必要ないと思うけど、今はそうも言ってられないという訳。

どちらにしろ、今のゴールドシップは少なくとも3コーナー辺りから動き出すだろうと思う。

そうなったとき、どのような展開を予想するか・・・。


参考になるのは、昨年と1昨年のレースになるかと思う。

1昨年はブエナビスタが勝ったレース。

覚えているだろうか?

スローペースにウィンバリアシオンが堪らず3コーナーあたりからロングスパートを仕掛けて直線では先頭に並びかけたレースだ。

かなり健闘したのだけれど、結局5着へと敗退した。

あれだけロングスパートをしたにも拘わらず、勝ったブエナビスタの上がり3Fは33.9秒と非常に早かった。


同様に昨年のジャパンカップは、ジェンティルドンナがオルフェーブルをハナ差退けて勝ったのだけれど、このレースもオルフェーブルが3コーナー過ぎからロングスパートを見せている。

昨年はレベルが高く、平均ペースだったにも拘わらず、勝ったジェンティルドンナの上がりは32秒8と破格の上がり。

強すぎるレースだった。先行して32秒台で上がられたら、他の馬には出番は無い。

今年も同じような体調であれば、まず軸はジェンティルドンナで間違いないだろうと思う。

昨年ほどの勢いは感じられないが、このメンバー構成で、叩き2走目だし、死角はなしといったところか。

逆にライバルとなるゴールドシップが32~33秒台の上がり時計を出せるイメージがなかなかできないし。


とまぁ、2つの問題を見てみると、軸は”ジェンティルドンナ”に決定。

そして、ゴールドシップは負けるときは馬券対象から外れると思うし、思い切って相手候補から外してみようと思う。

恐らく、ゴールドシップは2番人気だろうし、馬券的にも妙味がでる。


馬券は、3連複で幅広く相手を買う予定。

上がりの早いレースが得意そうな馬を選んでいこうと思う。

システマチックに選び出すだけなんだけどね。


外国馬の激走なども考慮しないといけないし、意外と荒れてくれるんじゃないかと思う。

それでは日曜日、みんなで祝杯をあげよう。

楽しみだ。

11月23日(土)・24日(日)の結果

【振り返り】霜月ステークス(11月17日(日):東京11R)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿