【レーティングとは】
G1とか大きなレースの時には必ず発表されており、競走馬の能力を示す客観的な指標となるもので、着差・負担重量・過去の勝馬との比較などをもとに、国際的に統一された基準で、これを明確に数値化したもの


2014年のダービーを占うにあたり、レーティング指数が参考になるのか調べてみたいと思う。

過去3年分のデータから、上位に来ていた馬たちはどれくらいのレーティングだったのか、見てみよう。


≪2013年:ダービー1~3着馬≫
馬名 着順 レーティング 該当レース
キズナ 110 京都新聞杯1着
エピファネイア 115 皐月賞2着
アポロソニック 107 青葉賞2着

2013年で最高のレーティングは、皐月賞1着馬のロゴタイプ(5着)が117という指数だった。
次いで皐月賞2着のエピファネイア(2着)が115と続いていた。


≪2012年:ダービー1~3着馬≫
馬名 着順 レーティング 該当レース
ディープブリランテ 110 皐月賞3着
フェノーメノ 110 青葉賞1着
トーセンホマレボシ 107 京都新聞杯1着

2012年で最高のレーティングは、皐月賞1着馬のゴールドシップ(5着)が116という指数だった。
次いで皐月賞2着のワールドエース(4着)が111と続いていた。


≪2011年:ダービー1~3着馬≫
馬名 着順 レーティング 該当レース
オルフェーヴル 116 皐月賞1着
ウインバリアシオン 108 青葉賞1着
ベルシャザール 108 スプリングS2着

2011年で最高のレーティングは、皐月賞1着馬のオルフェーヴル(1着)が116という指数だった。
次いでNHKマイル2着のコティリオン(14着)が111と続いていた。


------------------
■ 2014年のレーティング指数
------------------


2014年のレーティング指数はこちらをクリックして見て欲しい
(JRAのページにリンクします。)

⇒ 2014年ダービー(G1)のレーティング指数

2014年のダービー登録馬の最高レーティング指数は、皐月賞1着のイスラボニータが117という指数。

次いで皐月賞2着のトゥザワールドが115という指数で続いている。

皐月賞組がやはりレースレベル的に高い。



過去3年のデータだけを見ても、レーティング指数が高いからといって、必ずしも上位に来ている訳ではない。

ただ、3着以内に来ている馬たちは前走着順で崩れていない。

やはり、レーティングを参考にするよりも、状態が良い馬の方を優先的に見ていく必要がありそうだ。


今年のダービーは混戦と言われているだけに、どんな情報を参考にするかが重要とも言える。

レーティング指数はあくまで参考程度にって感じかな。

レーティング指数が上位の馬が、レースでも上位に来れば、予想は楽なんだけどね・・・(^^;。

【データ】過去10年分のデータからダービー(G1)を占ってみる

【振り返り:25日(日)東京12R 丹沢S】近走の安定した成績の馬に騙されてはいけない。

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿