25日(日)の東京メインレースはオークス(G1)。

距離が2400mという過酷な条件で施行される訳で、先月までは桜花賞(G1)を目指してた馬たちの矛先が一気に変わる。

だから、着目すべき点は距離。

ここを優先的に選び出したいと思う。

サンデーサイレンスの2世代の出走馬達が多数とあって、父系は距離が問題なくても、母系が短距離系だとちょっと不安が残る。

------------
 ■ 前提条件の確認
------------


ブリンカー着用等の前提条件は、今回は0頭。

-------------
 ■ システマチック予想
-------------

続いて展開予想。

逃げるのは2枠4番ペイシャフェリスか6枠12番マイネグレヴィルあたりかな。

ガンガン飛ばしていくタイプではなさそうだから、ペースはスローだろうね。

馬場はまだまだ良いけど、走破時計はそんなに速くならないのではないかと思う。

2分25秒台になるのではないかと思う。


東京コースは、内側が少しずつ荒れてきているから、外からの差しも決まるようになって来てるね。

ハープスターにとっては都合が良くなっている。

今回は、最後方とかではなく、少し位置を考えて競馬をしてほしいと思う。

といっても、馬の力が違いすぎるので、問答無用で

 ・5枠10番:ハープスター

は軸だ。

距離は逆に伸びた方が良いのではないかと思う。


相手候補筆頭は、血統面と実績面から、

 ・1枠1番:ベッラレジーナ
 ・3枠5番:バウンスシャッセ
 ・4枠8番:サングレアル
 ・6枠11番:マーブルカテドラル
 ・7枠15番:マジックタイム

上記5頭が相手候補。


そして、馬券は3連単で買おうかと思ったけど、3連複でも意外とオッズがついてるから3連複で購入。

買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
10 - 1,5,8,11,15 - 1,2,3,5,6,8,11,12,13,14,15,16,18 (50通り)



ちょっと点数は多いけど、的中させることを優先したい。

G1だしね~(´▽`)。

それに、大半が50倍以上ついてるし、本命サイドでなければプラスになる。


逆に、血統的な面から、ペイシャフェリス、シャイニーガール、ヌーヴォレコルト、フォーエバーモアは馬券の対象から外した。

ヌーヴォレコルト、フォーエバーモアなんかは人気してるけど、やっぱ距離に不安が残る。

この4頭は調教もきっちりとやって良い時計出してるんだけどね・・・。


とまぁ、思い切りはとても大切だと思ってるので、未練はなし。

楽しみにレースを迎えたいと思う。


ハープスターがどんな勝ち方をするのか、要注目だね。

がんばれ! 川田!!

【調教展望】5月25日(日)新潟11R 韋駄天S

【予想】外から砂を被らずエルマンボ!『東京10R 是政特別の3連複勝負【自信度◎】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿