5月10日(土)・11日(日)のレースを振り返り、

次走は是非とも狙ってみたいという馬をピックアップ!


レッドジゼル(10日(土)京都9R 六波羅特別:4着)
京都のマイル戦で前が止まらない時計の速い決着となった。
2着のサトノキングリーと一緒になって差してきたが、少し追い比べで
負けたけど、このクラスでは力上位であることは十分示せたレース。
次は連軸として狙って問題ないだろう。


サンレーン(10日(土)京都12R ダ1400m:3着)
約5カ月振りのレースでプラス16キロで出走。
レースは先行争いが激しい中、バテずに際どい3着を確保。
次走は上積みが期待できるだけに、特別レースでも狙いたい。


チェリーヒロイン(11日(日)東京9R 湘南S:4着)
最後の直線では行き場がなく、なかなか進路が確保できなかった。
一瞬しか脚を見せることができず、最後はダローネガにも差されて
しまったが、スムーズなレースができていたら、結果は違っただろう
と思えるレースだった。このクラスでも目処の立つレースで、
次走も楽しみな1頭。時計勝負も問題なし。


ヒラボクプリンス(11日(日)東京12R 日吉特別:6着)
勝ち馬が楽な逃げ切り勝ちのレースだったが、この馬としては
いつもより少し位置取りが後ろだったし、直線は前が最後まで
開かず、不完全燃焼のレースとなった。
それでも、勝ち馬から0.3秒差と差のないレースだっただけに、
次回は競馬場を問わず、狙いたい。

【プレイバック】衝撃の7馬身! 2009年ヴィクトリアマイル(G1)

【振り返り】またまた「○○○○」で万馬券を取り逃す(T_T)。「5月10日(土)東京10R 緑風S」

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿