5月4日(日)の京都のメインレースは「天皇賞春(G1)」。

今年は昨年以上にメンバーが揃ったと思える18頭立て。

注目が集まるのはやはり『キズナ』。

前走では驚異的な鬼脚を見せつけての快勝。

フランスでは前哨戦のニエル賞、そして本番の凱旋門賞とスタミナの必要とされるレースも経験し、それがこの舞台でどう発揮されるのかが注目の的。

今の京都コースは高速馬場で、追い込み一辺倒では厳しいコースなだけに、どこで天才武豊の手綱が動くのか、そこも見物な一戦。


⇒ 天皇賞春(G1)の調教展望はこちらをクリック

⇒ 天皇賞春(G1)のデータ展望はこちらをクリック


それではまずは予想の前に前提条件の確認。

 ・2枠4番:サイレントメロディ(ブリンカー)
 ・4枠8番:ゴールドシップ(ブリンカー)
 ・7枠13番:オーシャンブルー(ブリンカー)
 ・8枠16番:ジャガーメイル(ブリンカー)

と4頭がブリンカーを着用して出走する。

ゴールドシップに関しては、ブリンカー着用後に有馬記念3着と阪神大賞典1着と好成績。

ブリンカー着用することによって、能力がより引き出されているのかも知れない。

前走の阪神大賞典では馬が変身したかのような行きっぷり。

時計が速い馬場が得意でないと言われているだけに、その真価がここで問われるレースとなる。要注目!


次は展開を予想しよう。

メンバーを見渡しても、誰が逃げるんだろうというメンバー構成。

噂では2枠3番のサトノノブレスが行くのではないかと言われているが、果たしてどうか。


個人的な予想というか、予感だけど、

鍵を握るジョッキーは8枠18番デスペラード鞍上の「横山典弘」だ。

人気のない馬に騎乗するジョッキーたちは、正攻法で騎乗しても勝ち目がないことは分かっているはずだ。

だけど、度胸がないから動くに動けないのが日本人ジョッキー。

しかし、「横山典弘」は違う。

肝の据わった騎乗が大舞台でもできるのだ。


1周目は皆が牽制し合うかも知れないけど、2周目に入るあたりから、ジワジワとデスペラードが先頭に立つ競馬をするのではないかと思う。

スタミナのある馬だし、ロングスパートというより、淀みない流れのレースを作り出すのではないかと思う。


そして、もう1頭忘れてはいけないのが「ゴールドシップ」。

この馬の得意の芸当は超ロングスパート。

まずは最初の位置取りが問題だ。

今の京都コースだけに、須貝調教師はウィリアムズに位置を取りに行くように言っているだろう。

この馬に期待したいのは、完全燃焼することだ。

4コーナー先頭に立てた時のゴールドシップは本当に強い。

菊花賞のときのようにマクりが決まれば、後続の差し馬はなし崩しに脚を使わされることになるので、荒れるとすればここに要素はある。


とまぁ前置きが長くなってしまったけど、自分の見解を踏まえれば、軸馬に不可欠なことは"スタミナ"だ。

よって過去1年以内に2400m以上での重賞実績(G1は2着以上)は欲しいところ。その点で絞っていくと、

 ・2枠3番:サトノノブレス
 ・4枠7番;フェノーメノ
 ・4枠8番:ゴールドシップ
 ・5枠10番:フェイムゲーム
 ・6枠12番:ウインバリアシオン
 ・7枠13番:オーシャンブルー
 ・7枠14番:キズナ
 ・7枠15番:アドマイヤラクティ
 ・8枠17番:ヒットザターゲット
 ・8枠18番:デスペラード

最初の段階では10頭も残ってしまったけど、ここからさらに振るいに掛けていきたい。

次なるファクターはやはり『実績』。

 ・4枠7番;フェノーメノ
 ・4枠8番:ゴールドシップ
 ・6枠12番:ウインバリアシオン
 ・7枠14番:キズナ

軸馬は上記4頭の中から選び出したい。

どの馬にしようか迷う。だから、ちょっとした不安点がある馬を外すことにしよう。

「フェノーメノ」は昨年の覇者だけど、調教が少し軽いような感じがする。

前走は長期休養明けながら体重が減っていたあたり、その影響があるのだろうと思う。

恐らく完調少し手前なんだろうと思われる。

次いで不安がある馬は「キズナ」。

まずは距離経験。

そして、凱旋門賞では強い競馬を見せたが、2着と3着の馬には差された形になっている。

自ら動く場合よりもじっくり脚を溜めて直線で爆発させる競馬がこの馬には合っているように思う。

よって少し割引。


となると、残った2頭で軸は決定!

 ・4枠8番:ゴールドシップ
 ・6枠12番:ウインバリアシオン



相手候補は同じ種牡馬の馬を連れてきそうな感じがあるので、ゴールドシップの父は「ステイゴールド」、ウインバリアシオンの父は「ハーツクライ」なので、同じ父を。

 ・4枠7番;フェノーメノ(父:ステイゴールド)
 ・5枠10番:フェイムゲーム(父:ハーツクライ)
 ・7枠15番:アドマイヤラクティ(父:ハーツクライ)

と上記の3頭をピックアップ。

そして、馬券は3連複で以下の買い目で購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
8,12 - 7,8,10,12,15 - 3,7,10,13,14,15,17,18 (44通り)


キズナが抜けた1番人気だけど、軸として買っていないのでほとんどがプラス収支となる。

ずっとペースが遅い展開になった場合は馬券は外れるだろうけど、

一頓挫のある展開になった場合は的中できるのではないかって思う。

だから、フレキシブルに対応できる、鞍上が外国人ジョッキーというのもその点は少し安心できる。


どんな展開のレースになるのか楽しみなレースで待ち遠しい。

【調教展望】5月4日(日)新潟11R 谷川岳S

【調教展望】5月4日(日)東京11R スイートピーS

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿