3日(土)京都10Rは「下鴨S」

1600万クラスの芝2000mの定量戦で、10頭立て。

少し寂しい頭数となったが、逆に言えば馬券は取りやすい舞台は整った。

少ない点数で的中させるために、しっかりと体調の良い馬を選び出したいところ。


<5月3日(土)下鴨Sの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ダノンフェニックス 4/30 栗芝 65.3 - 50.9 - 37.1 - 11.7 馬なり
2枠 2番 スミデロキャニオン 4/30 栗坂 54.0 - 39.6 - 26.2 - 13.3 仕掛
3枠 3番 ヒルノドンカルロ 4/30 CW 82.3 - 66.9 - 52.2 - 37.5 - 12.7 一杯
4枠 4番 トラストワン 4/30 DP 63.2 - 48.6 - 35.3 - 11.7 馬なり
5枠 5番 マデイラ 4/30 DP 68.0 - 52.1 - 38.0 - 11.6 馬なり
6枠 6番 リメインサイレント 4/30 栗坂 53.1 - 38.9 - 25.7 - 13.4 一杯
7枠 7番 ジェントルマン 4/30 CW 80.4 - 65.5 - 51.0 - 37.5 - 12.3 一杯
7枠 8番 オールアズワン 4/30 CW 66.3 - 52.4 - 39.0 - 13.0 一杯
8枠 9番 サフランディライト 4/30 DP 79.9 - 63.6 - 49.7 - 36.5 - 11.4 一杯
8枠 10番 ヒロノプリンス 4/30 CW 71.1 - 56.1 - 41.0 - 12.8 馬なり


【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ダノンフェニックス)
近走は成績が安定しているだけに、状態はいつも安定して良いのだろう。
今週は芝コースで追われ、しっかりとした脚どり。
動きから引き続き好調だと思われ、力を発揮できればこのメンバーなら
大きなチャンスが到来したと言わざるを得ない。

【予想】データと調教面からこの2頭『東京11R 青葉賞(G2)の3連複勝負【自信度○】』

【調教展望】5月3日(土)東京10R 春光S

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿