マイラーズカップ(G2)は5月18日(日)ヴィクトリアマイル(G1)、6月8日(日)安田記念(G1)の前哨戦となる位置付けのレース。

”メンバーはG1級か?”と言われれば、現時点ではそうとは言えないけど、今後どうなるかは分からない。

それだけ、力を付けてきた馬たちの集いのレースのような気がしている。

春先暖かくなってきて動きが良くなってきている馬が多いから、しっかりと状態の良さを見極めたい。


<4月27日(日)マイラーズカップの調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ラインブラッド 4/23 南W 66.8 - 50.8 - 37.2 - 12.5 馬なり
1枠 2番 ダノンプログラマー 4/23 栗坂 54.0 - 39.0 - 25.7 - 13.0 一杯
2枠 3番 サンカルロ 4/23 南W 78.5 - 63.9 - 50.4 - 37.3 - 12.6 馬なり
2枠 4番 ワールドエース 4/23 栗坂 51.5 - 37.9 - 24.7 - 12.3 G強
3枠 5番 フィエロ 4/23 CW 66.4 - 51.1 - 37.8 - 11.9 G強
3枠 6番 オースミナイン 4/23 栗坂 53.5 - 39.2 - 25.4 - 12.6 一杯
4枠 7番 アドマイヤドバイ 4/23 栗坂 51.4 - 37.8 - 25.1 - 12.7 一杯
4枠 8番 エールブリーズ 4/23 栗坂 52.9 - 38.7 - 25.2 - 12.8 一杯
5枠 9番 カシノピカチュウ 4/23 CW 66.9 - 52.1 - 37.9 - 11.9 一杯
5枠 10番 カオスモス 4/24 栗坂 50.8 - 37.2 - 24.4 - 12.4 仕掛
6枠 11番 レッドアリオン 4/23 栗坂 51.3 - 37.7 - 25.4 - 13.0 一杯
6枠 12番 エキストラエンド 4/23 CW 83.9 - 67.6 - 52.0 - 38.0 - 11.9 馬なり
7枠 13番 ラトルスネーク 4/23 栗坂 52.3 - 39.4 - 27.4 - 14.7 一杯
7枠 14番 アクションスター 4/23 栗坂 56.5 - 41.5 - 26.3 - 12.4 馬なり
8枠 15番 コアレスドラード 4/23 栗坂 54.9 - 39.4 - 25.7 - 12.8 仕掛
8枠 16番 サワノパンサー 4/23 栗坂 52.6 - 38.3 - 24.7 - 12.6 一杯


【◎ピックアップ!】

(2枠4番:ワールドエース)
4週続けて坂路で好時計。しかもすべてラスト1ハロンを12秒台でまとめて
おり、文句のつけようがない。
長期休養明けの前走を1叩きされ、また2ヵ月間隔は開いたが、逆に良いリフレッシュ
効果に繋がるのではないか。後はマイルへの適性がどうかだけだろう。


(3枠5番:フィエロ)
3連勝中と体調の良さをうかがわせるが、中間の動きも文句なし。
2週連続で鞍上の武豊を乗せて、感触を確かめるような内容。
ラスト1ハロンは先週は馬なりで12.2秒。今週は少し仕掛けて11.9秒と
やればやるだけ時計は出る感じ。
併走馬を一瞬で突き放す調教内容は本番でもリンクするのではないか。


(4枠7番:アドマイヤドバイ)
前走を快勝後も、ここを目標にしっかりと乗り込まれている。
中間も坂路で乗り込まれており、先週は50.0秒と好時計。
終い1ハロンも12.4秒と文句なし。今週も一杯に追い切られ、51.7秒と
速い時計を出してきた。状態の良さで終いの甘さをカバーしたいところ。


(5枠10番:カオスモス)
中2週と間隔は詰まっているが、今週の栗東坂路で50.8秒と好時計。
ラスト1ハロンも仕掛けられて12.4秒と反応は抜群。
前走2着と健闘しており、引き続き体調の良さを維持している感じか。
まだ成長が見込める4歳馬だけに、注目したい1頭。

【調教展望】4月27日(日)東京10R「府中市市制施行60周年記念」

【調教展望】4月27日(日)東京11R フローラS(G2)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿