皐月賞の前日には、阪神競馬場で第19回目のアンタレスS(G3)が行われる。

ダートの1800m、別定戦の16頭立て。

注目はやはりニホンピロアワーズか。

前走は地方の船橋でG2戦を快勝しているものの、実のところもう7歳。

どんどん若手も台頭してきているだけに、いつ世代交代があってもおかしくはない。


そこは競馬だし、シビアに見ていくしかない。

調教をしっかりと見て、体調の良さそうな馬を見つけ出したいところ。


<4月19日(土)アンタレス(G3)の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 トウショウフリーク 4/16 栗坂 51.7 - 38.1 - 25.6 - 13.2 一杯
1枠 2番 グレイスフルリープ 4/16 栗坂 53.3 - 38.6 - 24.8 - 12.4 馬なり
2枠 3番 ミッキードリーム 4/16 栗坂 53.3 - 38.8 - 25.3 - 12.7 一杯
2枠 4番 ナリタシルクロード 4/16 CW 82.7 - 67.5 - 52.9 - 39.3 - 12.5 一杯
3枠 5番 クリールパッション 4/16 南W 66.6 - 51.8 - 39.3 - 12.5 強め
3枠 6番 クリソライト 4/16 栗坂 51.9 - 37.8 - 24.8 - 12.7 一杯
4枠 7番 グラッツィア 4/16 栗坂 53.6 - 39.4 - 25.7 - 12.8 一杯
4枠 8番 エアハリファ 4/16 栗坂 53.1 - 39.0 - 25.2 - 12.5 G強
5枠 9番 ダノンバラード 4/16 栗坂 53.4 - 39.2 - 25.4 - 12.4 一杯
5枠 10番 ナムラビクター 4/16 CW 77.9 - 64.0 - 51.4 - 39.9 - 14.3 一杯
6枠 11番 グランドシチー 4/16 南W 68.3 - 53.1 - 38.8 - 12.6 一杯
6枠 12番 ニホンピロアワーズ 4/16 DP 81.6 - 65.4 - 50.9 - 37.0 - 11.1 馬なり
7枠 13番 ソロル 4/16 栗坂 54.5 - 39.5 - 25.6 - 12.9 一杯
7枠 14番 グレートチャールズ 4/16 CW 85.2 - 69.3 - 54.5 - 39.8 - 12.1 馬なり
8枠 15番 クリノスターオー 4/16 栗坂 52.4 - 37.9 - 24.6 - 12.3 一杯
8枠 16番 ゴールスキー 4/16 栗坂 50.7 - 37.4 - 24.8 - 12.7 一杯


【◎ピックアップ!】

(1枠2番:グレイスフルリープ)
前走の1600万クラスを快勝後も好調持続といったところか。
今週は坂路で終い重点ながら馬なりでラスト1ハロンを12.4秒
と鋭い動きを披露。
距離は1400mが現状ベストと思われるだけに、その点がどうでるか。


(4枠8番:エアハリファ)
約3カ月振りの前走を快勝し、今回は間隔詰めて使ってくる。
それだけ調子の良さが現れている証か。
今週はグラッツィアと坂路で併せて直線2馬身先着。
調教タイムも上がり重点ながらラスト1ハロンが12.5秒と速いタイム。
前走から更なる上昇が見込める。


(5枠9番:ダノンバラード)
キャリアは豊富ながら、ダートは初めての参戦になる。
ただ、この中間は坂路で調整されて、非常に軽快な動きを見せている。
先週は51秒台を出し、今週も一杯に追われ、ラスト1ハロンを12.4秒と
速いタイムをマークした。
あまり速い時計を出している馬ではなかった筈だが、余程状態が良いとみえる。

【調教展望】4月19日(土)中山グランドジャンプ(G1)

【皐月賞】狙ってみたい馬が1頭いた

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿