雨の開催。恐らく発走時は不良馬場だろう。

そんな中でも泥んこになりながら、レースは行われる。

中山メインレースはダート1800mのハンデ戦。

16頭が出走を表明している。

只でさえ混戦な上にハンデ戦で、天候も雨。

もう、"このレースは荒れますよー"と言わんばかりのレース。

キッチリとファクターを駆使して仕留めたいレースである。


まずは、前提条件

・2枠4番:ナカヤマナイト(初ダート)
・3枠6番:シンゲン(初ダート)
・4枠7番:ミヤジタイガ(初ダート)
・7枠14番:クリールパッション(ブリンカー)
・8枠16番:バーディバーディ(ブリンカー)

と初ダートの馬が3頭もいる。

ここら辺の判断は難しいところだが、地力があるナカヤマナイトがどういったレースをするかは見物。

また、ブリンカー組の2頭は、何走も前から着用しているし、今回に限って特別効果が高いということもないだろう。


次に展開予想。

6枠12番のクリノスターオーが逃げるのかなと言った感じ。

ペースはどうだろう、不良馬場だし、多少は速くなるのかな。

それでも脚抜きが良くなる分、やっぱ先行できて泥を被らないでレースができることはプラスだろう。


と、こんな感じでシステマチックに多くのファクターを重ね合わせ軸馬を選び出すのだけど、比較をする前から、

「もうこのレースはこの馬で決まりだよね~」

というレースもたまにある。


昨日の阪神10Rの甲南Sのヴォーグトルネードも出馬表を見た瞬間、決まりだと思ったけど、

結果は4着と敗退。100%うまくいくとは限らないということは重々承知している。


だけど、このレース、前走を見る限り、

 ・5枠10番:エーシンゴールド

でいいんじゃない?

って思う。

【持ち時計】【ラスト3ハロン脚】【明け4歳】【叩き2走目】【騎手】【調教】【展開】など

あらゆる面からもエーシンゴールドにはプラス材料が大きい。

今のところ、連対率100%という安定感も超魅力的。

だから逆らいません。


馬券は3連複で以下のような買い目で購入。

(3連複フォーメーション)
10 - 2,5,13,15 - 1,2,3,4,5,7,9,11,12,13,15,16 (38通り)


少し点数が多いかも知れないけど、万全を喫したつもり。

エーシンゴールドが3着以内に来れば恐らく的中するだろう。

ただ、買い目の半分は100倍以下のオッズだし、組み合わせによってはマイナスになる可能性もある。

そこは願うしかないけど、とりあえずバルジューを応援だ。

がんばれ! バルジュー!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

万馬券のゲット記録

【調教展望】3月30日(日)高松宮記念(G1)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿