阪神の9Rの芝1800mのハンデ戦。

1000万条件の12頭立てのレース。


阪神の1800m戦は、第1コーナーまで直線が長く続いているので、すんなりハナが切れれば気分良く行けるレースとなるだろう。

逆に隊列が落ち着くと、ペースはそんなに早くはならないのではないだろうか。

少頭数であれば、まず実力通りに力を発揮できるはず。


それではまずは前提条件から。

ブリンカー着用の馬や初芝参戦の馬はいない。

次は展開予想。

ハナを切るのは2枠2番のテイエムダイパワーかそれとも6枠7番のカイシュウタビビトかな。

どちらの馬も番手でレースができるから、無理にハナは主張しないのかなって感じがする。

となると、ペースは平均か少し遅いくらいかなって想定ができる。


先週のレースを見てる限り、馬場は少しは悪くなってきているが、時計が出ないという訳ではない。

走破時計は1分48秒を割るくらいになるのかなって思う。


後は、ラスト3ハロンしっかりした脚を繰り出している馬も一緒に考慮すると、

・2枠2番:テイエムダイパワー
・3枠3番:テンペル
・4枠4番:ショウナンラムジ
・5枠5番:カレンバッドボーイ
・7枠10番:ナンヨーケンゴー
・8枠11番:ラスカルトップ

あたりが総合力で軸馬候補。

結構残ってるね。


1番人気が想定される2枠2番のテイエムダイパワーは前走と同じように

平均ペースに持ち込んでスタミナを活かす流れにしたいのであれば、距離短縮はプラスではないとみる。

上記残ったメンバーで

【自在性】、【叩き2走目】、【明け4歳】等のファクターが該当する

 ・5枠5番:カレンバッドボーイ

が軸馬候補にふさわしいように思う。

先行してうまく抜け出す競馬をしそうな感じ。


馬券は3連複で以下の様に購入したいと思う。

(3連複フォーメーション)
5 - 3,9,10 - 1,2,3,4,6,7,8,9,10.11,12 (27通り)



テイエムダイパワーがまんまと残る流れになれば、マイナスになる可能性もあるけど、

外れたときは大きいのが取れると思う。

まずは豊ちゃんの手綱捌きに掛かってるわけで、しっかりと応援をしたいと思う。

ガンバーレー! 豊ちゃん!

【調教展望】3月23日(日)スプリングS(G2)

【システマ予想】安定感がものを言う『阪神10R:なにわSの3連複勝負!【自信度○】』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿