先週は2つも万馬券を取り逃した。

「いや~、ホント競馬って買い方が難しい(^^;)」

なんて思っているんだけど、そうでもなさそうだ。

自分の買い方が単に下手なだけだろうって気がしてる。


まぁ、この記事を書く前にもう1つ万馬券を見事に取り逃している記事があるので、そちらも読んで欲しい。

⇒『3月15日(土)中日新聞杯(G3)』の振り返り


とにかく、競馬の神様は自分が買っている馬券をうまいことすり抜けてくれる。

そのレースが3月16日(日)の中山のメインレースの中山牝馬S(G3)

(レース結果)
1着:3枠6番:フーラブライド(1番人気)
2着:7枠13番:ケイアイエレガント(10番人気)
2着:7枠14番:キャトルフィーユ(4番人気)

(2着は珍しく同着だった(^^;)

とまぁ、3連複の馬券は124.8倍と中荒れ。

まぁ、オッズ的には取りやすい部類の馬券。



自分の予想の第一段階では、、

・2枠3番:エバーブロッサム(15着)
・3枠6番:フーラブライド(1着)
・5枠10番:エクセラントカーヴ(9着)
・6枠12番:アロマティコ(4着)
・7枠14番:キャトルフィーユ(2着)

と5頭まで絞り出した。

そこから、さらに最終段階で2頭選び出した。

それが、

・5枠10番:エクセラントカーヴ(9着)
・7枠14番:キャトルフィーユ(2着)

の2頭。

この2頭から3連複で馬券を購入することにした。

要は1頭目の枠にはどちらか2頭が入っていれば良いという買い方。

この時点では14番のキャトルフィーユが2着に来ているから軸選びの段階は正しいと言える。


そして、2頭目の枠には、先ほどの2頭に加えてさらに2頭を追加。

・2枠3番:エバーブロッサム(15着)
・5枠10番:エクセラントカーヴ(9着)
・6枠12番:アロマティコ(4着)
・7枠14番:キャトルフィーユ(2着)

最初に選び出した5頭の内、1着のフーラブライドを除いて掛けちゃったんだよね。

実績から考えてもここではフーラブライドを外すべきじゃないのにね。

外すなら、エバーブラッサムかアロマティコが普通。

振り返れば、かなり血迷った買い方をしていた・・・ヾ(_ _*)。


だから、結局こんな組み合わせで馬券を買っていた。、


(3連複フォーメーション)
10,14 - 3,10,12,14 - 2,3,4,5,6,7,8,9,12,13,16 (49通り)


3頭目の枠には7枠13番:ケイアイエレガントも買ってたから、

変な買い方をしなければ取れてたんだよね。


とまぁ、振り返ることによって、自分のルールを逸脱している部分があった、という悲しい発見がみつかった。

だから、復習することって大事なんだよね。

やっぱ人間だから、予想をしているときって何かを気を奪われるってこともある訳で・・・。


今週の予想では、"確認作業"ってのが追加されてるかな。

そんな予定だ。

早く、1つでも万馬券の取りこぼしは減らしていきたいと思う。

今週もそんな想いで頑張って予想しよう!

【次走動向】有力馬の次走予定(2014-03-18時点)

【振り返り】もったいない万馬券の外し方『3月15日(土)中日新聞杯(G3)』

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿