4月10日(日)阪神11R、芝1600m

桜花賞の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ナムラクレア 4/6 栗坂 52.9 - 37.8 - 24.0 - 11.7 馬也
1枠 2番 カフジテトラゴン 4/6 栗坂 54.8 - 39.4 - 24.8 - 12.3 馬也
2枠 3番 アルーリングウェイ 4/6 CW 81.3 - 65.6 - 51.2 - 36.8 - 11.6 強め
2枠 4番 パーソナルハイ 4/6 栗坂 52.4 - 38.0 - 24.8 - 12.4 馬也
3枠 5番 ピンハイ 4/6 CW 90.6 - 73.9 - 57.3 - 40.9 - 12.4 馬也
3枠 6番 ウォーターナビレラ 4/6 栗坂 52.4 - 37.8 - 24.7 - 12.2 強め
4枠 7番 サブライムアンセム 4/6 CW - - 53.0 - 37.3 - 11.3 馬也
4枠 8番 スターズオンアース 4/6 南W 83.9 - 68.2 - 53.7 - 38.3 - 11.2 馬也
5枠 9番 クロスマジェスティ 4/6 CW 80.2 - 66.3 - 52.4 - 37.7 - 12.0 馬也
5枠 10番 ライラック 4/6 南W 82.7 - 65.2 - 50.2 - 36.8 - 11.8 馬也
6枠 11番 ラブリイユアアイズ 4/6 南W 82.6 - 67.0 - 52.4 - 38.2 - 11.7 馬也
6枠 12番 ベルクレスタ 4/6 栗坂 53.3 - 38.3 - 24.6 - 12.1 強め
7枠 13番 ラズベリームース 4/6 美坂 55.3 - 40.1 - 25.6 - 12.4 馬也
7枠 14番 プレサージュリフト 4/6 南W 85.5 - 68.6 - 53.5 - 38.7 - 11.7 馬也
7枠 15番 アネゴハダ 4/6 栗坂 51.5 - 37.6 - 24.6 - 12.2 一杯
8枠 16番 サークルオブライフ 4/6 南W 82.5 - 66.0 - 51.0 - 36.5 - 11.3 馬也
8枠 17番 フォラブリューテ 4/6 南W 85.6 - 68.3 - 53.4 - 38.6 - 11.8 馬也
8枠 18番 ナミュール 4/6 栗坂 54.9 - 38.5 - 24.3 - 12.0 馬也

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ナムラクレア)
前走から中3週のローテーション。
休養明けの前走は体も増えて差のない2着と好走して見せた。
調教も動いており、仕上がりは非常に良さそうに見えた。
今回は中3週ながらレース後は元気いっぱいな感じでしっかりと追い切りをこなしている。
先週はCWコースで6F80秒台の好時計で今週は坂路で終い重点。
ラスト1F11.7秒を馬なりで駆け上がってきた。絶好調宣言だ。

(1枠2番:カフジテトラゴン)
前走から中2週のローテーション。
まだ条件クラスの身で芝での勝利がない同馬だが、出走する限りは何が起こるか分からない。
間隔が詰まっているが2週の間に坂路で3本時計を出してきた。
体はそんなに大きくないが、これだけやってくるということはここに100%全力投球の証だろう。
先週土曜日に坂路で52秒台の時計を出し、今週は終い重点ながら54秒台の内容。
この馬としては過去最高の状態での出走となるだろうが、後は能力の問題だろう。

(2枠3番:アルーリングウェイ)
前走から約2ヵ月の休養明け。
前走のエルフィンSを勝利して賞金を加算してしっかり間隔を取って調整されてきた。
約1ヵ月前から時計を出しており、乗り込みは非常に入念。
坂路でもCWコースでも速い時計で動けており、調教内容をそのままバロメーターにして問題ないだろう。
今週はCWコースで6F81秒台、ラスト1F11.6秒で併走馬をちぎって見せた。
良い仕上がり状態でレースを迎えられそうだ。

(4枠7番:サブライムアンセム)
前走から中3週のローテーション。
未勝利戦を抜け出すのに6戦要しているが、抜け出してからはいきなり重賞勝利と何かが弾けたようだ。
使われながら強くなっている感じで、この中間の調教も凄い内容だ。
1週前にCWコースで5F65秒台の好時計を出し、日曜日に5F64秒台の更なる負荷を掛け、今週は終い重点の調教。
ラスト1Fの時計も11秒台前半を馬なりで計時しており、目下絶好調ぶりを物語る。
後は勝利の女神が微笑むかどうかの問題だろう。

(4枠8番:スターズオンアース)
前走から中7週のローテーション。
現在重賞2着を2連続と少し勝ち味はないが、安定感抜群なところは見せている。
今回はしっかり間隔を取って調整されているのに加え、リーディングジョッキーを鞍上に迎えることができた。
中間の調整は3週連続南Wコースで併せ馬を行うことができ、先着を果たしてきた。
特に今週はラスト1Fが11.2秒と馬なりで計時して、鋭い動きを見せた。
良い状態でレースを迎えられるのではないか。

(6枠11番:ラブリイユアアイズ)
前走から約4ヵ月振りの休養明け。
2歳G1を2着の後の直行。
中間の調整内容は坂路と南Wコースを併用しながら乗り込まれてきた。
4週連続で南Wコースで時計を出されており、小柄な馬とは思えない調整内容。
時計も及第点でラスト1Fの反応も上々。
仕上がり状態は良さそうで、リフレッシュした状態でレースを迎えられることだろう。


⇒ 桜花賞の予想はこちらのリンクから

【予想展望】阪神11R 桜花賞(G1)(2022年)

【予想展望】中山11R NZT(G2)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿