4月9日(土)中山11R、芝1600m

NZTの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 マテンロウオリオン 4/6 CW 80.6 - 65.1 - 49.7 - 35.0 - 11.0 馬也
2枠 2番 ティーガーデン 4/6 南W 85.8 - 68.1 - 52.9 - 38.5 - 11.8 馬也
3枠 3番 モチベーション 4/6 美坂 56.8 - 41.7 - 27.3 - 13.2 馬也
4枠 4番 アバンチュリエ 4/6 南W 87.0 - 68.9 - 52.0 - 37.2 - 11.3 馬也
5枠 5番 ベルウッドブラボー 4/6 南W 86.0 - 66.4 - 51.6 - 37.1 - 11.7 強め
6枠 6番 ジャングロ 4/6 栗坂 52.8 - 37.9 - 24.4 - 12.0 一杯
6枠 7番 リューベック 4/6 栗坂 52.8 - 38.3 - 24.7 - 11.9 馬也
7枠 8番 サーマルウインド 4/6 南W 86.7 - 68.6 - 53.2 - 38.6 - 11.4 馬也
7枠 9番 エイシンシュトルム 4/6 美坂 55.2 - 40.2 - 26.2 - 13.2 馬也
8枠 10番 デルマグレムリン 4/6 栗坂 51.3 - 37.5 - 24.6 - 12.2 強め
8枠 11番 エンペザー 4/6 栗坂 56.3 - 40.8 - 25.7 - 12.4 馬也

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:マテンロウオリオン)
前走から約3ヵ月振りの休養明け。
シンザン記念を勝利しているが本番前にもう一叩き。
中間の調整は1ヵ月前から時計を出し始めており、乗り込みも非常に入念。
1週前にはCWコースで6F79秒台の速い時計を出して、今週は6F80秒台、ラスト1Fを11.0秒を馬なりで計時。
時計、動き共々文句なしの状態。良い状態でレースを迎えられそうだ。


⇒ NZTの予想はこちらのリンクから

【予想展望】中山11R NZT(G2)(2022年)

【予想展望】阪神11R 阪神牝馬S(G2)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿