4月3日(日)中山11R、芝2000m

美浦Sの予想展望

枠順 馬名
1枠 1番 エンデュミオン
2枠 2番 シャチ
3枠 3番 エヴァーガーデン
4枠 4番 スパイラルノヴァ
5枠 5番 ココニアル
6枠 6番 ウシュバテソーロ
7枠 7番 レインカルナティオ
8枠 8番 ミトノマルーン
8枠 9番 スーパーブレイク

頭数が9頭と少ない美浦S。

逃げそうなのは、エヴァーガーデンかミトノマルーンあたりか。
どちらもあんまり飛ばしていくタイプではないので、ペースはスローになるだろう。

前日のレースを見る限り、外差しが利くようになっているし、枠は気にする必要はないだろうけど、
ペースが遅い中山はある程度の位置につけていないと届かないのは容易に想像できる。

ただ、頭数も少ないし、大逃げする馬の存在がない限り縦長の隊列になることもなく、結局は最後の
差し脚比べになるだろうと思う。

軸馬は4枠4番スパイラルノヴァ。

戸崎騎手が初騎乗というのは気になる部分だけど、近走安定していて、調教の動きもGOOD。
前走でクラスの目処も立っており、このメンバーならある程度の位置につけられるはず。

レインカルナティオは強烈な差し脚を持っているが、位置取りの差で完封できるだろう。

【買い目(3連複)】
4 - 1,5,6,7 - 1,3,4,5,6,7,8,9 (18点)

<年間回収率>
(4月2日時点)
3連複:的中率 23.1%(15/65) 回収率 107.0%(125180/117000)
複勝:的中率 39.4%(26/66) 回収率 95.5%(6300/6400)


⇒ 美浦Sの調教展望はこちらのリンクから

【調教展望】阪神11R 阪神牝馬S(G2)(2022年)

【調教展望】中山11R 美浦S(3勝C)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿