3月20日(日)中山11R、芝1800m

スプリングSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ビーアストニッシド 3/16 栗坂 54.8 - 39.7 - 25.1 - 12.0 一杯
2枠 2番 エンギダルマ 3/16 南W 83.6 - 67.9 - 53.1 - 37.9 - 11.6 馬也
3枠 3番 サトノヘリオス 3/16 CW 80.5 - 66.0 - 52.2 - 37.8 - 12.3 強め
4枠 4番 グランドライン 3/16 南W 84.4 - 67.1 - 52.3 - 37.2 - 11.7 馬也
4枠 5番 サノラキ 3/16 南W 85.2 - 68.5 - 53.1 - 38.2 - 12.0 馬也
5枠 6番 ドーブネ 3/16 CW 79.4 - 65.7 - 52.1 - 37.6 - 12.0 馬也
5枠 7番 ディオ 3/16 栗坂 54.0 - 39.0 - 25.0 - 12.2 馬也
6枠 8番 アサヒ 3/16 南W 83.4 - 66.5 - 51.8 - 37.8 - 1.7 馬也
6枠 9番 ソリタリオ 3/16 栗坂 54.9 - 39.6 - 24.4 - 11.7 強め
7枠 10番 アルナシーム 3/17 CW 88.7 - 71.6 - 55.7 - 39.6 - 1.8 馬也
7枠 11番 トーセンヴァンノ 3/16 南W 87.3 - 69.0 - 53.4 - 38.9 - 12.1 強め
8枠 12番 アライバル 3/16 南W 86.4 - 68.5 - 52.9 - 38.7 - 12.0 馬也
8枠 13番 オウケンボルト 3/16 美坂 51.7 - 37.8 - 24.8 - 12.7 強め


【◎ピックアップ!】

(5枠6番:ドーブネ)
前走から約3ヵ月振りの休養明け。
デビューから2連勝して休養後にG1挑戦とそれなりに強い相手と戦ってきている。
馬体重も順調に増えており、全て成長分として捉えて問題ないだろう。
今回も休養明けとなるが、中間の調整はCWコースを中心に乗り込まれ、2週連続で6F80秒割れの好時計。
ラスト1Fの反応も上々で、良い状態に仕上がってレースを迎えられることだろう。

(5枠7番:ディオ)
前走から中4週のローテーション。
未勝利戦を勝利しての格上挑戦。
デビューから4戦して使われながらに良くなっている印象の馬。
レース後もしっかり疲れを取って、坂路で入念に乗られてきた。
今回は結構負荷が掛かっている感じだし、馬も問題なく対応してきた感じだ。
状態面は高いレベルを維持されて出走が適いそうだ。

(6枠9番:ソリタリオ)
前走から約2ヵ月振りの休養明け。
現在、キャリア5戦を通して連対率は100%と安定して力を発揮するタイプ。
前走後はコースと坂路を併用して乗り込まれており、しっかりと負荷を掛けられてきた。
約1ヵ月前から時計を出し始め、徐々にピッチを上げての調整。
今週は乗り役を乗せての終い重点の反応を確かめる内容。万全だろう。


⇒ スプリングSの予想はこちらのリンクから

【予想展望】中山11R スプリングS(G2)(2022年)

【予想展望】阪神11R 若葉S(L)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿