2月27日(日)阪神11R、芝1400m

阪急杯の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 トゥラヴェスーラ 2/23 栗坂 55.9 - 40.3 - 25.6 - 12.4 馬也
2枠 2番 グルーヴィット 2/23 栗坂 51.1 - 36.8 - 24.1 - 12.2 一杯
3枠 3番 リレーションシップ 2/23 CW 83.2 - 66.9 - 51.7 - 36.4 - 11.4 強め
3枠 4番 ザイツィンガー 2/23 栗坂 56.3 - 41.3 - 26.4 - 12.6 馬也
4枠 5番 エイティーンガール 2/23 CW - - 50.9 - 35.5 - 11.8 馬也
4枠 6番 リンゴアメ 2/23 南W 83.4 - 67.1 - 52.2 - 37.8 - 11.8 馬也
5枠 7番 ヴィジュネル 2/23 栗坂 55.1 - 39.4 - 24.8 - 12.1 一杯
5枠 8番 サンライズオネスト 2/23 栗坂 54.2 - 38.7 - 24.9 - 12.3 馬也
6枠 9番 タイセイビジョン 2/24 CW 82.6 - 66.8 - 51.7 - 36.9 - 11.6 馬也
6枠 10番 ダイアトニック 2/23 栗坂 55.6 - 39.7 - 24.6 - 11.6 強め
7枠 11番 ミッキーブリランテ 2/23 栗坂 53.1 - 38.5 - 25.1 - 12.7 強め
7枠 12番 グレイイングリーン 2/23 CW 82.4 - 66.8 - 52.6 - 38.0 - 12.1 一杯
8枠 13番 モントライゼ 2/23 CW 81.0 - 65.2 - 50.8 - 36.3 - 11.5 一杯
8枠 14番 クリノガウディー 2/23 栗坂 51.7 - 37.5 - 24.0 - 11.9 強め

【◎ピックアップ!】

(2枠2番:グルーヴィット)
前走から中6週のローテーション。
長期休養明けの前走はオープンクラスだったが、好走し反動が気になる2走目。
しっかり疲れを取って調整されて、中間の調整は坂路で毎週のように好時計。
前走時以上の出走が適うのではないか。

(6枠10番:ダイアトニック)
前走の京都金杯から中6週のローテーション。
7歳になるがまだまだ元気いっぱいという感じで、年齢的な衰えは感じられない。
中間はしっかりと乗り込まれており、ラスト1Fの動きが目立つ調整内容が多い。
先週CWコースで一杯に追われており、今週は鞍上を背に坂路で終い重点の内容。
前走時以上の出走が適うのではないか。

(8枠14番:クリノガウディー)
前走のマイルCSから約3ヵ月振りの休養明け。
このレースを照準に調整されてきた感じで、中間は坂路を中心に乗り込まれてきた。
3週連続騎手を背に好時計で終いの動き・時計ともに申し分なし。
初戦から戦闘態勢は整ったとみたい。


⇒ 阪急杯の予想はこちらのリンクから


【予想展望】阪神11R 阪急杯(G3)(2022年)

【予想展望】中山11R 中山記念(G2)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿