2月13日(日)東京11R、芝1800m

共同通信杯の予想展望

枠順 馬名
1枠 1番 サンストックトン
2枠 2番 アサヒ
3枠 3番 アバンチュリエ
4枠 4番 エイシンシュトルム
5枠 5番 ジオグリフ
6枠 6番 アケルナルスター
6枠 7番 レッドモンレーヴ
7枠 8番 ビーアストニッシド
7枠 9番 ジュンブロッサム
8枠 10番 ダノンベルーガ
8枠 11番 ダノンスコーピオン

クラシックへ向けて、それなりの実績を伴う馬達もトライアルに集結してきた。
今回は11頭と少し寂しい感じだが、不利なくレースを進められるだろうし、現時点の実力を見極めるうえでは良いのかも知れない。

展開面は特にハナに拘っている馬はいなさそうだし、府中ということもあって結構ゆったりした流れになると思う。

しっかり折り合いに専念することと、息の長い脚を使えるかがこのレースの争点にあると感じる。

まだまだ底を見せていない馬達が集まった印象だが、その中でも軸馬にするのは、2枠2番アサヒにしたいと思います。
未勝利戦を勝って、東スポ杯で2着。
レベルの高いレースだったと思うけど、いきなり対応できた能力の高さは秀逸ものだ。
今回、休養明けだが順調に乗り込まれているし、更なる成長を発揮できる舞台が整ったとみたい。

【買い目(3連複)】
2 - 6,7,9,11 - 5,6,7,8,9,10,11 (18点)

<年間回収率>
(2月12日時点)
3連複:的中率 25.0%(7/28) 回収率 51.9%(26170/50400)
複勝:的中率 48.3%(14/29) 回収率 104.5%(3030/2900)


⇒ 共同通信杯の調教展望はこちらのリンクから

【予想展望】阪神11R 京都記念(G2)(2022年)

【調教展望】小倉11R 北九州短距離S (オープン)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿