2月5日(土)東京11R、芝2400m ハンデ

早春Sの予想展望

枠順 馬名
1枠 1番 アルビージャ
2枠 2番 ハーツイストワール
3枠 3番 サペラヴィ
3枠 4番 ウシュバテソーロ
4枠 5番 バイマイサイド
4枠 6番 サウンドバーニング
5枠 7番 キタサンバルカン
5枠 8番 レティキュール
6枠 9番 セントレオナード
6枠 10番 ワイドエンペラー
7枠 11番 ベデザンジュ
7枠 12番 タイセイモンストル
8枠 13番 レイオブウォーター
8枠 14番 エドノフェリーチェ

まずは展開を想定したいけど、これと言った逃げ馬は見当たらない。
また、逆に時計の出やすい芝状態だけに上がり勝負にしたくない馬もいるだろう。
ルメールあたり、あまりペースは落としたくないのかも知れない、って思う。
ペースは少し遅めの平均ペース位に思っておこう。

ハンデ戦だけに斤量差が気になるところだが、サウンドバーニング以外はあんまり差がなく、あまり気にしなくて大丈夫かと。

ここは単純だけど、斤量さはあまり気にせず、近走安定していて状態が良さそうな馬を軸にしたいと思います。

2枠2番ハーツイストワールを軸に選出して購入していこうと思います。

メインレースの的中率が低いので、ここら辺で弾みをつけたいです。

【買い目(3連複)】
2 - 5,9,12,14 - 4,5,8,9,10,12,14 (18点)

<年間回収率>
(2月4日時点)
3連複:的中率 20.0%(4/20) 回収率 60.0%(18360/36000)
複勝:的中率 40.0%(8/20) 回収率 92.5%(1850/2000)


⇒ 早春Sの調教展望はこちらのリンクから

【予想展望】中京11R アルデバランS(オープン)(2022年)

【調教展望】小倉11R 玄海特別(2勝C)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿