2月5日(土)中京11R、ダート1900m

アルデバランSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 アイスバブル 2/2 CW 83.2 - 68.2 - 52.9 - 37.5 - 11.6 一杯
1枠 2番 マテンロウスパーク 2/2 栗坂 53.7 - 39.0 - 25.1 - 12.6 馬也
2枠 3番 ミヤジコクオウ 中間軽め
2枠 4番 アルドーレ 2/2 栗坂 51.7 - 37.8 - 25.2 - 13.1 一杯
3枠 5番 ラストマン 2/2 南ダ 69.4 - 54.5 - 40.5 - 12.3 馬也
3枠 6番 ニューモニュメント 2/2 栗坂 53.8 - 39.6 - 26.1 - 13.0 馬也
4枠 7番 スマッシングハーツ 2/2 栗坂 50.2 - 36.5 - 23.8 - 12.0 強め
4枠 8番 マリオマッハー 2/2 栗坂 54.3 - 39.4 - 26.0 - 13.4 一杯
5枠 9番 ホウオウトゥルース 2/2 南W 87.4 - 71.4 - 56.5 - 40.9 - 12.4 馬也
5枠 10番 ネオブレイブ 2/2 美坂 53.8 - 38.8 - 25.4 - 13.0 強め
6枠 11番 タイガーインディ 2/2 CW 81.1 - 65.8 - 51.3 - 36.7 - 12.0 一杯
6枠 12番 メイショウエイコウ 2/2 CW 82.6 - 66.4 - 51.8 - 37.5 - 11.8 強め
7枠 13番 メイショウワザシ 2/2 CW 79.8 - 65.5 - 51.3 - 36.9 - 12.1 強め
7枠 14番 エクスパートラン 2/2 CW 82.8 - 67.4 - 52.6 - 37.8 - 11.9 一杯
8枠 15番 アンセッドヴァウ 2/2 DP 63.9 - 49.9 - 36.9 - 11.2 一杯
8枠 16番 ダノンハーロック 2/2 栗坂 51.5 - 37.6 - 25.1 - 13.1 一杯

【◎ピックアップ!】

(4枠7番:スマッシングハーツ)
前走から中2週のローテーション。
叩き4走目となるが近走は安定して走れており、状態面は高いレベルを維持しているということだろう。
今週の追いきりでは坂路で50.2秒の好時計、ラスト1Fも12.0秒と申し分ない動きを披露した。
レースでは調教での動きをそのままスライドさせたいところだろう。

(7枠13番:メイショウワザシ)
前走から中3週のローテーション。
近走は不振が続いているが、今回は+20キロの前走を叩いての2走目。
調教の内容は先週は一杯に追われ、今週はCWで79秒台の好時計を仕掛けた程度で出してきた。
ラスト1Fの動きも上々で、上積みを期待していいのではないか。


⇒ アルデバランSの予想はこちらのリンクから


【調教展望】小倉11R 玄海特別(2勝C)(2022年)

【調教展望】東京11R 早春S(3勝C)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿