1月16日(日)中山11R、芝2000m

京成杯の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ニシノムネヲウツ 1/13 南W 89.0 - 69.6 - 52.8 - 37.8 - 11.8 強め
1枠 2番 トゥーサン 1/13 栗坂 54.0 - 39.1 - 25.4 - 12.5 馬也
2枠 3番 フジマサフリーダム 1/13 美坂 54.1 - 40.2 - 26.3 - 12.7 馬也
2枠 4番 ヴェールランス 1/13 CW 84.8 - 65.7 - 50.1 - 35.7 - 11.3 一杯
3枠 5番 アライバル 1/13 南W 83.3 - 66.7 - 51.9 - 37.3 - 11.7 馬也
3枠 6番 ルークスヘリオス 1/13 南W 84.1 - 66.7 - 52.1 - 38.1 - 11.9 強め
4枠 7番 タイセイディバイン 1/12 栗坂 52.7 - 38.9 - 25.1 - 12.1 強め
4枠 8番 ヴェローナシチー 1/13 栗坂 52.8 - 38.4 - 25.3 - 12.6 一杯
5枠 9番 オディロン 1/12 56.6 - 41.5 - 27.1 - 13.6 強め
5枠 10番 オニャンコポン 1/13 美坂 52.5 - 38.1 - 24.6 - 11.9 強め
6枠 11番 テンダンス 1/12 栗坂 52.2 - 37.1 - 23.9 - 12.0 一杯
6枠 12番 サンストックトン 1/13 南W 84.8 - 67.6 - 52.1 - 37.9 - 12.2 強め
7枠 13番 トーセンヴァンノ 1/13 南W 92.4 - 73.8 - 56.6 - 40.6 - 12.7 馬也
7枠 14番 ホウオウプレミア 1/12 南W 84.6 - 67.8 - 53.1 - 37.9 - 10.8 強め
8枠 15番 ロジハービン 1/12 南W 83.6 - 66.7 - 51.6 - 37.3 - 11.5 強め
8枠 16番 テラフォーミング 1/13 南W 84.3 - 66.7 - 52.1 - 38.0 - 12.0 馬也


【◎ピックアップ!】

(3枠5番:アライバル)
前走から約4ヵ月の休養明け。
中間は坂路とコースを織り交ぜて時計を出され調整されてきた。
4週連続順調に乗り込まれ、順調さをアピール。
今週は馬なりで調整されており、仕上がり万全と言わんばかり。
注目して見たい1頭だろう。

(4枠7番:タイセイディバイン)
全勝の未勝利戦勝利から中6週のローテーション。
新馬戦から休みなく使われているが、使われながら強くなっている印象。
今回もレース後は非常に順調で中間の調教も非常に動いている。
ここが試金石と言った感じになるだろうが、状態面からは推したい1頭だ。

(5枠10番:オニャンコポン)
前走のホープフルSから中2週のローテーション。
レース後も順調で10日と13日に坂路で52秒台の時計を出されている。
強靭な心肺能力を持っている感じで、さらなる成長を期待できる馬。
使われながら馬体重も増やしており、目下絶好調な1頭ではないだろうか。

(6枠12番:サンストックトン)
前走の未勝利戦勝利から中6週のローテーション。
レベルの高いレースの勝利だったように思える内容で、重賞挑戦で賞金を加算したいところ。
中間の調整はまだまだ先を見据えた内容で、一杯に追われることなく馬任せ。
時計面は特段良いわけではないが、反応上々で引き続き好調さをアピール。
陣営の想いが調整内容に表れている馬ではないか。

(7枠14番:ホウオウプレミア)
前走から約2カ月の休養明け。
中間は南Wコースを中心に乗込まれて、乗り込み量は豊富。
終い重点の内容がほとんどで、ラスト1Fでは鋭い動きを見せている。
今週は騎手を背に調整され、ラスト1Fは11秒を割ってきた。
このレースに向けて仕上げてきたという感じで、良い状態でレースを迎えられそうだ。


⇒ 京成杯の予想はこちらのリンクから

【予想展望】中山11R 京成杯(G3)(2022年)

【予想展望】中京11R 日経新春杯(G2)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿