1月16日(日)中京11R、芝2200m ハンデ

日経新春杯の予想展望

枠順 馬名
1枠 1番 モズナガレボシ
1枠 2番 クラヴェル
2枠 3番 マイネルウィルトス
2枠 4番 ステラヴェローチェ
3枠 5番 ロードマイウェイ
3枠 6番 ヤシャマル
4枠 7番 アフリカンゴールド
4枠 8番 フライライクバード
5枠 9番 マイネルフラップ
5枠 10番 ヨーホーレイク
6枠 11番 ショウナンバルディ
6枠 12番 エフェクトオン
7枠 13番 トップウイナー
7枠 14番 プレシャスブルー
8枠 15番 ダノンマジェスティ
8枠 16番 トラストケンシン

ハンデ戦ということで、斤量差をどう考慮していくかが難しいところでもある。
トップハンデは2枠4番ステラヴェローチェと6枠11番ショウナンバルディの57キロ。
ショウナンバルディは恐らく逃げるだろうし、ステラヴェローチェは後方からだろう。

ショウナンバルディはハイペースで逃げるタイプでもないし、距離相応の緩めの流れになると思う。
ステラヴェローチェは4走連続で上がり最速を記録しているけど、ここもまた試練のレース。
速い上がりを繰り出しても届かなければ意味がない。
馬場の内側もまだ伸びる状態だし、心配な材料の方が多い気がする。

よって、ここはある程度中団くらいで進められる馬を軸にしたいと思う。

軸は4枠8番フライライクバードにします。
状態面は良さそうだし、キャリアの面からまだ成長を全然望める馬だから。

【買い目(3連複)】
8 - 1,2,3,4 - 1,2,3,4,10,13,14 (18点)

<年間回収率>
(1月15日時点)
3連複:的中率 28.6%(2/7) 回収率 56.8%(7160/12600)
複勝:的中率 42.9%(3/7) 回収率 95.7%(670/700)


⇒ 日経新春杯の調教展望はこちらのリンクから

【調教展望】中山11R 京成杯(G3)(2022年)

【調教展望】中京11R 日経新春杯 (G2)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿