1月15日(土)小倉11R、芝1800m ハンデ

壇之浦Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 イルマタル 1/12 栗坂 56.5 - 41.5 - 27.2 - 13.1 一杯
2枠 2番 タガノパッション 連闘の為中間軽め
3枠 3番 シルヴェリオ 1/10 CW 86.9 - 70.6 - 54.7 - 38.5 - 11.6 馬也
4枠 4番 フィオリキアリ 1/12 栗坂 54.9 - 38.9 - 25.4 - 12.7 馬也
5枠 5番 スパークル 1/10 CW 84.4 - 69.4 - 54.4 - 38.5 - 12.2 一杯
5枠 6番 アリーヴォ 1/12 栗坂 54.4 - 40.0 - 25.8 - 12.5 強め
6枠 7番 フォワードアゲン 1/12 小ダ 70.4 - 55.7 - 41.5 - 12.9 馬也
6枠 8番 タガノディアーナ 1/12 栗坂 54.0 - 39.0 - 25.4 - 12.7 馬也
7枠 9番 ドラグーンシチー 連闘の為中間軽め
7枠 10番 ディモールト 1/12 栗坂 53.3 - 38.8 - 25.6 - 13.0 強め
8枠 11番 ワールドスケール 1/10 CW 83.3 - 68.3 - 53.7 - 38.0 - 11.5 強め
8枠 12番 ララクリスティーヌ 1/10 CW 89.0 - 71.9 - 56.1 - 39.6 - 11.8 馬也


【◎ピックアップ!】

(2枠2番:タガノパッション)
前走からの連闘策。
休養明けの前走だったが、少し不完全燃焼だった感も受ける。
レースを叩いて上積みがあるのは間違いない。
ただ、開幕週だけに馬場状態を見極めた上での取捨となる対象だろう。


⇒ 壇之浦Sの予想はこちらのリンクから


【予想展望】中京11R 愛知杯(G3)(2022年)

【調教展望】中山11R カーバンクルS(オープン)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿