1月10日(月)中山11R、芝1600m

フェアリーSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 エバーシャドネー 1/6 CW 83.4 - 66.2 - 51.6 - 36.9 - 11.4 一杯
1枠 2番 ビジュノワール 1/6 美坂 54.5 - 39.4 - 25.4 - 12.3 強め
2枠 3番 スターズオンアース 1/6 南W 84.6 - 67.3 - 51.7 - 38.0 - 12.4 馬也
2枠 4番 ニシノラブウインク 1/6 南W 88.8 - 71.0 - 55.3 - 40.1 - 12.2 強め
3枠 5番 スクルトゥーラ 1/6 南W 90.2 - 72.4 - 55.9 - 39.9 - 12.2 馬也
3枠 6番 スピードグラマー 1/6 南W 84.9 - 68.8 - 54.5 - 39.9 - 12.1 馬也
4枠 7番 ブルトンクール 1/6 南W 84.4 - 68.3 - 53.9 - 39.3 - 12.5 馬也
4枠 8番 ライラック 1/6 南W 87.5 - 68.1 - 52.6 - 38.4 - 12.3 馬也
5枠 9番 エリカヴィータ 1/6 南W 87.2 - 68.8 - 53.3 - 38.9 - 12.4 馬也
5枠 10番 スプリットザシー 1/6 栗坂 55.5 - 38.7 - 25.0 - 12.4 強め
6枠 11番 ウラカワノキセキ 1/6 南W 87.2 - 68.6 - 53.0 - 38.5 - 11.9 直強
6枠 12番 ユキヤナギ 1/6 美坂 52.0 - 38.7 - 26.1 - 13.3 馬也
7枠 13番 ヴァンルーラー 1/6 栗坂 52.4 - 38.0 - 24.6 - 12.3 一杯
7枠 14番 ポケットシンデレラ 1/6 南W 87.4 - 70.0 - 54.7 - 39.8 - 12.2 馬也
8枠 15番 テーオーシャルマン 1/4 CW 87.9 - 71.8 - 56.9 - 41.0 - 12.3 馬也
8枠 16番 フィールシンパシー 1/6 南W 85.6 - 70.1 - 55.9 - 40.9 - 12.7 馬也


【◎ピックアップ!】

(1枠1番:エバーシャドネー)
前走の新馬戦勝利から中3週のローテーション。
前走後も順調に乗込まれており、2週連続で終い重点の追い切り内容。
ラスト1Fの反応が非常に良く、状態の良さを窺わせる。
キャリア2戦目で輸送を体験することになるが、無事に行けばレースでも存分に力を発揮することだろう。

(2枠3番:スターズオンアース)
前走の1勝クラスのレースから中6週のローテーション。
キャリアは4戦目となるが、1走1走のローテーションはある程度の間隔が取られている。
少し間隔を開けて力を発揮するタイプと思われ、調教内容がそのままレースにマッチしそうなタイプ。
中間は坂路とコースを併用しながら時計を出され、先週、今週と併せ馬でも先着。
良い状態でレースを迎えられそうだ。

(4枠8番:ライラック)
前走から中5週のローテーション。
前走は関西遠征で10キロ体重を減らしての出走で力を出し切れない影響があったかも知れない。
レース後の乗込みは順調で馬なり調整でラストの伸びも上々。
今回は馬体を戻してというのが好ましい状況となるが、調整内容を見る限り、状態面は引き続き高いレベルを維持しての出走が適うだろう。


⇒ フェアリーSの予想はこちらのリンクから

【調教展望】中京11R 淀短距離S(L)(2022年)

【予想展望】中京11R シンザン記念(G3)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿