1月9日(日)中山11R、ダ1800m

ポルックスSの予想展望

枠順 馬名
1枠 1番 キタノヴィジョン
1枠 2番 クレスコブレイブ
2枠 3番 バレッティ
2枠 4番 ダノンスプレンダー
3枠 5番 トランスナショナル
3枠 6番 ラストマン
4枠 7番 ラペルーズ
4枠 8番 マイラプソディ
5枠 9番 ダノンファスト
5枠 10番 レピアーウィット
6枠 11番 ミヤジコクオウ
6枠 12番 メイショウワザシ
7枠 13番 シャンパンクーペ
7枠 14番 フローリン
8枠 15番 ドリュウ
8枠 16番 エイコーン

まず、展開面で言えばこれといってハナを切りたい馬は見当たらない。
スローで流れるようであれば、コーナーの多い中山だけに圧倒的に前が有利になる。

警戒すべきは道中でマクってペースを早めるような馬がいそうか。。。
ただ、憶測の憶測を考えても深みにハマってくだけだから、単に展開予想は少し遅めと捉えておこう。

調教内容はこれと言って目立った馬はいなかったし、展開利も見込んで6枠11番ミヤジコクオウを軸にしたいと思います。

【買い目(3連複)】
11 - 4,8,9,15 - 1,4,6,8,9,14,15 (18点)

<年間回収率>
2022年初回の為、まだ回収率なし


⇒ ポルックスSの調教展望はこちらのリンクから

【予想展望】中京11R シンザン記念(G3)(2022年)

【調教展望】中京11R シンザン記念(G3)(2022年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿