2021年も後僅か。

今は、昔たくさんお世話になった喫茶店のルノアールに10年振りくらいに来て、この記事を書いています。

来年は競馬とどう向き合っていったらいいかということを考えてたら、天から閃きが降ってきたので、ここにまとめておこうと思います。

前提としては、2021年の競馬の成績が散々すぎて、このまま同じ状態で行動が何も変わらなかったら、2022年を迎えても何も変わらないというのを絶対に避けたいという想いがあって。

だったらどうするか・・・。

ここで閃いたことが、今まで自分が蓄積してきたことを提供する側になったらどうかということ。
競馬の予想は難しいと思うし、色んな方向から考えることができるゲームだと思うから。

自分の場合は、単にその情報の組み合わせ方がとても下手なんです。
だから馬券を買っては、「あ~惜しいっ」っていう場面がすごい多かった。

情報そのものの精度が悪いということではない、ということは分かってるんです(と思い込みたい(^^;)。
だけど、馬券はほんと当たらなかった。

「この人買い方上手だなぁ~」
と思ったりする人を散見して、羨ましく思って過ごす時間も多かったな~。

馬券勝負に勝利してお金が増える状態になれば、当然ハッピーだと思うんだけど、より競馬を楽しむために予想段階から自分の気持ちを込めて、且つ、自分の理論を確立して予想した方がもっともっと楽しいと思います。

そして、こういう人たちと繋がったりできたら、自分も幸せになれるんじゃないかなって感じました。

だから、2022年からは馬の状態に関する情報やレースの見解に対する情報などが出していけたらって思います。


競馬を続けるか、辞めるかっていう2択で最初に考えた時、
”辞めたい”っていう選択肢が出てこなかったんで、自分は結局競馬が好きなんだと思う。

そして気持ちの面で、自分だけが儲かれば良い、みたいな感情だったからうまくいかなかったのかも、って思ってます。

ここは神様に気付かせてもらった部分だと思うし、素直にその部分は受け入れて自分の成長に繋げたいと思います。

2021年、JRAさんにはたくさんの勉強代を払ったけど、学んで得られたことも多かったと感謝したいと思います。

ありがとうございました。

【調教展望】中山11R 中山金杯(G3)(2022年)

回収率100%超えに向けて(2021年12月27日時点)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿