ふと、ブログを書いてみたい気分になったので書こう。

2013年から本格的に競馬予想がしたくて、エクセルを使用してファクター管理しながら情報蓄積していこうと始めてみた。

形が出来上がるまで試行錯誤しながら自分のやりやすい、見易い形になればいいと思って。

当初はファクターをまずは洗い出して、洗い出して、洗い出して、の作業。

20、30個くらい出せたから、それに関数をつけて、加点したり、減点したりとわちゃわちゃ作業。

今はそんな作業から6年以上経過して、ファクターは400個を超えている状況。

それでも、競馬の復習作業は毎週数時間はしている。


『回収率は100%を超えてくれない』



まだまだ努力不足で目標の回収率100%超えまでは辿り着かない。

だけど、毎週の競馬は楽しみたいという願望はあって、なんともちんぷんカンプンな矛盾行動。

要は毎週お金をJRAに預金している状態が続いているわけ。

どっかで転機が来ないことには気分も晴れない。

ただ、でも、今はその転機なのか、と思いたい状況になってきている。

2021年が早くも3ヵ月経過したのだが、今年は普通に予想しながら回収率が90%を超えている。

これは昨年までの状況とは一変している。

もう少しで100%を超えることも可能なライン。

だから、自分に期待を込めてこの記事を記録として残したくて書いている。

昨年までと大きく変化したところは、

 ・調教時計の解釈の仕方が変わったと思う
 ・休養明け・2走目の馬(走りそう・走らなそう)の見方の精度が上がったように思う
 ・マイナスするファクターの数が圧倒的に増えた(250個程)
 ・複合ファクターがうまく組み合わせできてきてるような気がする

といったところ。

昨年までは年間万馬券本数は50本ほど取れているんだけど、これだと自分の賭けているレース数と見合わない。

もっともっと万馬券的中本数が必要だ。

年間80本ほど万馬券的中が欲しいところ。 ここが2021年の目標本数かな。

しかし、目標と言いつつなんだけど

2021年は3ヵ月が経過した今、21本の万馬券を的中させている。

これは、目標とする80本に到達するライン。


なんとか、ここをクリアして年間回収率100%を超えたい。

また何ヶ月後かにこの記事を見返そうと思う。

その時 うまくいってるのか、まだ苦戦しているのか、どっちの自分なんだろう。


そして、自分と同じように競馬に情熱を注いでいる人と想いと情報を共有できれば、さらに楽しい週末になるだろう思うし、そうなることを願っています。






競馬予想は復習がすべて

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿