特に時期は関係ないけど、2020年8月にこんなことを思ってたんだと振り返れるように年月を記しておこうと思う。

2013年11月から競馬予想に対する考え方を変えて、しっかり予想をして自分の納得のいく予想をして楽しもうと思った。

そして、競馬で稼げるように予想の精度も上げて楽しもうと。

それまでは、勘に頼った予想が多かった。

的中したときは嬉しいんだけど、外れるときの方が多いし納得がいかないことの方が多かった気がする。

勘に頼ってるくせに、大きく負けた時はその日1日を負の気持ちで引きずってしまう。。。

なんともなんとも。。。

これだと勝ってるときはいいけど、負けてるときは周りに迷惑が掛かってしまう。土日の夕方以降は何もやる気が起こらなくなるし。。。

それに、勘で予想すると前進しないんだよね。

その場しのぎの考え方。

普通に考えればそれは通用しないと思う。例えば仕事でもその場しのぎのことなんてしてたら、周りからの信頼なんて到底得られないだろうから。

当初のスタートから6年以上経った訳で、毎年コツコツと復習をして、今ではそれなりに万馬券も取れるようになっている。

だけど、行き詰まってる感がある。。。まだ年間でプラス計上はできていない状況。。

なんだろうなぁ~、なんでもっと真剣に復習に取り組めないのかなぁ~、って思う。

やらないと結果は前進していかないのは分かってるんだけど、自分で自分にブレーキを掛けてしまっているような気もしている。自分のメンタルの問題だろうと思う。

自分の中の「努力は報われる」という言葉の理解は、十分な量を正しい方法でこなせるレベルに達したとき、結果が伴うものだと思っている。

この6年間、毎月50時間以上復習に費やしていると思う。だけど、まだ自分の納得いく結果に繋がっていない。

頭では理解しているつもりだけど、実際凹んじゃう日の方が多いね。

じゃぁ、今が闇雲に彷徨っている感じなのかと言われればそうとも思っていない。なんでかというと、平日の仕事において競馬予想の復習作業で考える癖がついているから、それが良い感じで仕事の結果に繋がっている。

言ってしまえば難解な分析作業をやってるようなもんだしね。

これはこれで神様に感謝だろうね。


結果を出すということは、自分の中にある壁を超えないといけない。

その壁は人それぞれであると思うし、一概にこうしたらいいという方法ってのはないと思う。

だから、人生なんだと思う。

人それぞれの壁があり、みんなそれぞれ頭を悩まして努力をしている。

そして、その壁はなかなか超えさせてくれないから、こうやって悩みを書いてる人間もいるだろうし、お酒を飲みながら誰かに相談をしている人もいるだろう。

1つ自分に言い聞かせたいのは、復習に対する想定ボリュームにまだまだ届いていないし、そこに辿りつくまでは決して諦めてはいけない。

「諦めたらそこで試合終了だよ。」

安西先生、心に響く良い事言ったよね。
ありがとう。

また、心のつぶやきを気が向いたとき書いていこうと思う。


競馬予想は復習がすべて

【調教展望】阪神11R ローズS(G2)(2019年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿