9月15日(日)阪神11R、芝1800m

ローズSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 メイショウショウブ 9/11 栗坂 53.0 - 37.9 - 23.8 - 11.6 仕掛
2枠 2番 ベストクィーン 9/11 栗坂 54.3 - 39.6 - 25.5 - 12.5 馬也
3枠 3番 ビックピクチャー 9/11 栗芝 68.4 - 51.6 - 37.1 - 12.1 馬也
4枠 4番 ダノンファンタジー 9/11 CW - - 49.8 - 36.2 - 12.0 馬也
5枠 5番 モアナアネラ 9/11 栗坂 53.1 - 38.2 - 24.7 - 12.4 強め
5枠 6番 シャドウディーヴァ 9/11 美坂 54.0 - 39.7 - 26.1 - 12.7 馬也
6枠 7番 アルティマリガーレ 9/11 栗坂 53.7 - 38.6 - 24.7 - 12.1 強め
6枠 8番 ウィクトーリア 9/11 CW 83.1 - 66.8 - 51.4 - 38.3 - 12.4 馬也
7枠 9番 ラシェーラ 9/11 栗坂 54.0 - 39.5 - 25.6 - 12.3 馬也
7枠 10番 シゲルピンクダイヤ 9/11 CW 83.4 - 67.0 - 52.0 - 37.9 - 12.0 馬也
8枠 11番 ビーチサンバ 9/11 CW 85.0 - 68.2 - 53.0 - 38.0 - 12.2 一杯
8枠 12番 スイープセレリタス 9/11 美坂 54.7 - 39.7 - 25.1 - 12.3 馬也

【◎ピックアップ!】

(4枠4番:ダノンファンタジー)
前走のオークスから約4ヵ月の休養明け。
春のG1戦線では大いに期待されていたが、善戦するのが精一杯の結果で秋を迎えることになった。
中間の調整は坂路とコースを併用して時計を出されてきた。
先週、今週とCWコースで速い時計を出し、鋭い動きで追い切られている。
ラスト1Fの反応も良く、乗り込み量も十分。
リフレッシュした状態でレースを迎えることができそうだ。


(6枠7番:アルティマリガーレ)
前走の条件クラスから中7週のローテーション。
4戦3勝と夏の上がり馬。
連対率100%とレースでは常に力を発揮するタイプなのだろう。
調教は動くタイプのようで、中間は坂路でしっかりと乗り込まれてきた。
デビューから長い休養期間をとる事なく連戦できており、使われながら良くなっている印象。
今回は相手関係が一気に強化されるが、さらに良くなった姿でどこまで力比べができるか楽しみな1頭だ。

【調教展望】阪神11R セントウルS(G2)(2019年)

comment iconコメント 数 2

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2019-09-17 15:29

Re: 貴予想について

お世話になります。コメントいただきありがとうございます。
私のブログの調教展望では、調教内容が良かった馬だけをピックアップしています。

時には0頭だったり、5頭以上になったりと変動はあります。

調教内容は数あるファクターの1つに過ぎないと思うので、このブログを継続するか悩んでます。
そして、競馬自体も投資案件としてはなかなか難しいのかなと思っているので、引退も考えています。

ただ、佐川さんのようにコメントをいただけることを心より嬉しく思っています。
今後はこのブログを更新していくかは未定ですが、更なる要望等があれば言ってくれると嬉しいです。

ではでは  システマ



> お世話になります。貴サイトでの予想では大体2頭だけ狙い馬をピックアップしておりますので的を絞り易く大変私の競馬予想の役に立っております。有難うございます。佐川。

名前: システマ [Edit] 2019-09-17 21:40

コメントの投稿