6月9日(日)東京11R、芝1800m

エプソムCの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ショウナンバッハ 6/5 南W - - 53.6 - 38.9 - 12.8 馬也
2枠 2番 ハクサンルドルフ 6/6 CW 83.5 - 67.5 - 51.7 - 37.7 - 11.6 強め
3枠 3番 ストーンウェア 6/5 栗坂 53.7 - 39.2 - 25.7 - 12.7 一杯
3枠 4番 ソーグリッタリング 6/5 CW 68.7 - 53.3 - 39.0 - 11.6 馬也
4枠 5番 アップクォーク 6/5 南W - - 52.4 - 38.1 - 12.8 強め
4枠 6番 サラキア 6/5 栗坂 52.8 - 38.2 - 24.9 - 12.3 馬也
5枠 7番 プロディガルサン 6/5 南W 67.0 - 51.7 - 37.3 - 12.5 強め
5枠 8番 ミッキースワロー 6/5 南W 86.5 - 70.7 - 54.9 - 40.8 - 12.3 馬也
6枠 9番 レイエンダ 6/5 南W - - 55.0 - 40.3 - 13.2 馬也
6枠 10番 ソウルスターリング 取消 出走取消
7枠 11番 カラビナ 6/5 CW 83.4 - 66.7 - 51.8 - 37.5 - 12.1 一杯
7枠 12番 ブレスジャーニー 6/5 栗坂 53.9 - 38.9 - 25.2 - 12.4 一杯
8枠 13番 アンノートル 6/6 南W - - 53.9 - 39.2 - 12.3 馬也
8枠 14番 ダノンキングダム 6/5 栗坂 54.8 - 39.5 - 25.4 - 12.5 強め

【◎ピックアップ!】

今回各馬の調教内容をじっくり見ていったが、特段取り上げたい馬はいない。
各馬乗り込み量に関しては不足なく順調に調整されている印象だ。

逆にマイナス面に捉えたい馬もいない。

いつも通りの力を発揮できる状態であると捉えて問題ないだろう。

週末は関東地方は天気が崩れており、馬場状態が良でない可能性が高い。
頭数が手頃なレースだけに慎重に検討を重ねたいところですね。

【調教展望】中山11R 京成杯AH(G3)(2019年)

【調教展望】阪神11R マーメイドS(G3)(2019年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿