3月17日(日)阪神11R、芝3000m

阪神大賞典の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ロードヴァンドール 3/13 CW 68.1 - 52.7 - 38.3 - 12.2 一杯
2枠 2番 リッジマン 3/13 CW - - 51.2 - 37.1 - 12.4 馬也
3枠 3番 ケントオー 3/13 栗坂 52.3 - 38.7 - 25.7 - 13.2 馬也
4枠 4番 ステイインシアトル 3/13 CW 82.5 - 65.6 - 51.3 - 36.9 - 12.1 馬也
5枠 5番 サイモンサムセス 3/13 栗坂 53.5 - 39.2 - 25.8 - 13.0 馬也
6枠 6番 ソールインパクト 3/13 南W 70.0 - 53.8 - 39.2 - 12.9 仕掛
6枠 7番 カフジプリンス 3/13 栗坂 51.1 - 37.6 - 24.8 - 12.3 強め
7枠 8番 ヴォージュ 3/13 栗坂 53.0 - 38.7 - 25.2 - 12.4 一杯
7枠 9番 アドマイヤエイカン 3/13 CW 82.2 - 66.2 - 51.0 - 37.6 - 11.9 強め
8枠 10番 シャケトラ 3/13 CW 84.5 - 67.9 - 53.2 - 38.1 - 11.7 馬也
8枠 11番 コルコバード 3/13 南W - - 55.9 - 40.2 - 13.0 馬也

【◎ピックアップ!】

(4枠4番:ステイインシアトル)
前走のAJCCから中7週のローテーション。
3000mという距離は初めてになるが、年齢も重ねているので逆に良い方向に結び付く感もある。
中間の調整は熱心で、坂路とコースを併用して調整されてきた。
時計は特段速くはないが、今週など馬なりで併走馬に先着している。
8歳馬になるが、長期休養を3度挟んでおり、キャリアはまだ13戦とまだまだ肉体的には若い感じだ。
今回、叩き2走目で上積みが感じられそうな内容だけに、この距離で見直してみたい1頭だ。


(8枠10番:シャケトラ)
前走のAJCC勝利から中7週のローテーション。
前走は長期休養明けながら、G2戦を勝利して競馬ファンを驚かす内容だった。
レース後の疲れや反動が心配されるところだが、しっかり間隔を取ってから調整されてきた。
中間は乗り込み量が豊富で終い重点の内容を中心に追い切られている。
全体の時計は特段速くはないのだが、ラスト1Fの反応は非常によく、状態面は引き続き好状態を保っているだろう。
心配があるとすれば、3000mという距離と鞍上が初騎乗という点だろう。
ただ馬の仕上がり面と実績面はこのメンバーでは抜けているだけに、能力だけで充分押し切りも可能だろう。

【調教展望】中山11R 日経賞(G2)(2019年)

【調教展望】中山11R スプリングS(G2)(2019年)

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿