1月27日(日)京都11R、芝1200m ハンデ戦

シルクロードSの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ナインテイルズ 1/23 栗坂 53.0 - 38.1 - 24.5 - 12.0 一杯
1枠 2番 ダノンスマッシュ 1/23 栗坂 53.4 - 39.3 - 25.4 - 12.6 馬也
2枠 3番 フミノムーン 1/23 栗坂 53.6 - 39.0 - 25.4 - 12.7 強め
2枠 4番 キングハート 1/23 南W 84.1 - 68.5 - 54.1 - 39.7 - 12.6 強め
3枠 5番 ビップライブリー 1/23 栗坂 54.0 - 39.8 - 26.0 - 13.0 馬也
3枠 6番 ラインスピリット 1/23 栗坂 52.2 - 38.1 - 25.3 - 13.3 一杯
4枠 7番 リョーノテソーロ 1/23 南W - - 54.1 - 39.8 - 13.1 仕掛
4枠 8番 エスティタート 1/23 栗坂 58.0 - 41.6 - 26.2 - 12.6 一杯
5枠 9番 ペイシャフェリシタ 1/23 美坂 52.4 - 37.7 - 24.7 - 12.4 強め
5枠 10番 ラブカンプー 1/23 栗坂 55.1 - 39.6 - 25.2 - 12.6 一杯
6枠 11番 サイタスリーレッド 1/23 CW - - 51.1 - 38.0 - 12.7 馬也
6枠 12番 ライトフェアリー 1/23 北C 81.2 - 65.6 - 51.4 - 37.8 - 12.9 一杯
7枠 13番 ダイメイプリンセス 1/23 栗坂 55.5 - 39.9 - 25.4 - 12.4 強め
7枠 14番 セイウンコウセイ 1/23 南W - - 51.3 - 37.3 - 12.0 馬也
7枠 15番 トウショウピスト 1/23 美坂 52.1 - 37.6 - 25.0 - 12.7 馬也
8枠 16番 アンヴァル 1/23 栗坂 52.8 - 38.5 - 24.9 - 12.3 一杯
8枠 17番 アレスバローズ 1/23 栗坂 53.5 - 38.4 - 24.6 - 12.2 仕掛
8枠 18番 ティーハーフ 1/23 栗坂 54.1 - 39.7 - 25.6 - 12.7 馬也

【◎ピックアップ!】

(1枠2番:ダノンスマッシュ)
前走の京阪杯勝利から約2ヵ月の休養明け。
中間は坂路を中心に乗り込まれており、乗り込み量に不足なし。
調教はやれば動くタイプなのだろうが、先週は坂路で全体49秒台。
今週は押さえられて馬なり調整ながらしっかりと動けている。
キャリアもまだまだ浅く、今回もリフレッシュした良い状態で出走が適いそうだ。
ハンデ戦で斤量は背負うが、状態面の良さでどこまでやれるかチェックしておきたい1頭だ。


(5枠9番:ペイシャフェリシタ)
前走のオープン特別から中2週のローテーション。
前走時の調教もかなり良かったが、今回は叩き2走目で前走時以上を思わせる内容。
レース後の疲れも感じられず、坂路でしっかり時計を出してきた。
今週は全体52秒台、ラスト1F12.4秒と申し分ない動き。
G3でも善戦しているだけに、今回状態の良さを活かしてどんなレースをするのか楽しみな1頭だろう。


(8枠17番:アレスバローズ)
前走の京阪杯から約2ヵ月の休養明け。
現級2勝ということもあり、57.5キロを背負っての出走。
ただ、中間は坂路を中心に乗り込まれており、7歳になっても年齢は特に気にする必要はないだろう。
3週連続及第点の時計を出されており、今週は終い重点の追い切り。
ラスト1Fも12.2秒と鋭い動きを見せており、初戦から動ける態勢は整ったとみたい。
リフレッシュ効果に期待したい1頭だ。


 1月27日(日)東京11R、ダート1400m

根岸Sの調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 クインズサターン 1/23 栗坂 51.7 - 37.7 - 24.5 - 12.2 一杯
1枠 2番 ユラノト 1/23 栗坂 54.6 - 39.7 - 25.9 - 12.9 仕掛
2枠 3番 サトノファンタシー 1/23 CW 80.0 - 65.6 - 51.8 - 38.9 - 13.9 一杯
2枠 4番 ケイアイノーテック 1/23 栗坂 53.4 - 39.2 - 25.3 - 12.2 仕掛
3枠 5番 ラブバレット 1/23 美坂 55.4 - 40.6 - 26.8 - 13.3 強め
3枠 6番 モーニン 1/23 栗坂 51.2 - 36.9 - 23.8 - 12.0 一杯
4枠 7番 クロスケ 1/23 南W - - 54.3 - 39.8 - 13.5 馬也
4枠 8番 ヤマニンアンプリメ 1/23 栗坂 53.6 - 38.5 - 24.3 - 12.0 強め
5枠 9番 ワンダーリーデル 1/23 栗坂 52.8 - 38.3 - 25.0 - 12.4 馬也
5枠 10番 レッドゲルニカ 1/23 南W - - 55.6 - 41.1 - 13.1 馬也
6枠 11番 コパノキッキング 1/23 CW 84.7 - 67.7 - 52.5 - 38.3 - 12.6 強め
6枠 12番 サンライズノヴァ 1/23 栗坂 52.8 - 38.6 - 24.8 - 12.1 一杯
7枠 13番 メイショウウタゲ 1/23 栗坂 56.5 - 41.6 - 26.6 - 12.7 馬也
7枠 14番 ノボバカラ 1/24 栗坂 50.3 - 37.2 - 24.7 - 12.5 馬也
8枠 15番 キタサンミカヅキ 1/23 船橋 84.9 - 67.3 - 50.6 - 37.6 - 11.0 馬也
8枠 16番 マテラスカイ 1/24 栗坂 51.7 - 37.5 - 24.5 - 12.1 馬也

【◎ピックアップ!】

(2枠4番:ケイアイノーテック)
前走の阪神カップから中4週のローテーション。
近走はG2・G1を使われてきており、ここはレベル的には落ちる印象だが、ダートは初めての出走。
通じるかどうかはやってみなければ分からないが、中間の調整は順調そのもの。
1週前と当週は終い重点の追切ながらラスト1Fの反応は抜群。
昨年の毎日王冠から4走目となるが、まだまだキャリアも浅く成長の余地を残していると思われる馬だけに、今回のダート挑戦は非常に興味深いところだろう。


(5枠9番:ワンダーリーデル)
前走のオープン特別から中1週のローテーション。
叩き4走目の6歳馬ながら、追い切りも坂路で速いところをやってきた。
馬なり調整ながら、全体の時計も52秒台、ラスト1F12.4秒と絶好調の動き。
重賞挑戦は初めてで、格上挑戦になるが、最高潮の状態で迎えられそうなだけに、侮れない1頭だろう。


(7枠14番:ノボバカラ)
前走のカペラSから中6週のローテーション。
今回が転厩初戦の仕切り直しのレース。
森厩舎ということもあり、坂路でみっちりと乗り込まれてきた。
そして、先週、今週と好時計でまとめてきた。
先週が全体49秒台、今週は50秒台。
そしてともに馬なりで計時しているだけに、環境新たにリフレッシュされた状態なのではないだろうか。
近走着順が悪いレースが続いているだけに、ここは一変を注意したい1頭だろう。


(8枠16番:マテラスカイ)
前走の地方戦から中3週ののローテーション。
中3週ながらレース後も元気いっぱい。
先週、今週と坂路で好時計。
特に今週は全体51.7秒、ラスト1F12.1秒を馬なりで併走馬に先着。
ここ3走は取りこぼしているが、気分良く走れればG3では力上位だろう。
状態面は非常に良さそうなだけに、見限りは早計だろう。