5月29日(日)東京11R、芝2400m

日本ダービーの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ディーマジェスティ 5/25 南W 80.3 - 64.1 - 49.2 - 36.1 - 12.0 仕掛
1枠 2番 マイネルハニー 5/25 南W 70.5 - 55.3 - 41.3 - 13.2 馬也
2枠 3番 マカヒキ 5/25 栗坂 52.9 - 38.5 - 24.7 - 12.1 強め
2枠 4番 レインボーライン 5/25 栗坂 59.5 - 41.9 - 25.9 - 12.5 馬也
3枠 5番 エアスピネル 5/25 栗坂 53.4 - 38.8 - 25.0 - 12.1 強め
3枠 6番 アグネスフォルテ 5/26 栗坂 52.4 - 37.7 - 24.8 - 12.6 一杯
4枠 7番 ロードクエスト 5/25 南W 67.6 - 51.8 - 37.9 - 12.5 強め
4枠 8番 サトノダイヤモンド 5/25 CW 81.3 - 65.4 - 51.4 - 37.6 - 11.6 一杯
5枠 9番 マウントロブソン 5/26 南W - - 53.8 - 38.8 - 12.7 強め
5枠 10番 スマートオーディン 5/25 CW 83.7 - 67.2 - 52.2 - 37.6 - 11.5 馬也
6枠 11番 アジュールローズ 5/26 南W 67.3 - 52.6 - 38.8 - 12.8 強め
6枠 12番 リオンディーズ 5/25 CW 85.4 - 69.1 - 52.7 - 38.3 - 11.6 仕掛
7枠 13番 レッドエルディスト 5/25 栗坂 53.4 - 38.9 - 25.0 - 12.0 一杯
7枠 14番 ヴァンキッシュラン 5/25 CW 70.6 - 54.0 - 39.2 - 11.6 馬也
7枠 15番 イモータル 5/25 CW 85.0 - 68.1 - 52.1 - 37.8 - 12.7 馬也
8枠 16番 ブレイブスマッシュ 5/25 南W 83.3 - 68.0 - 53.4 - 39.7 - 13.0 仕掛
8枠 17番 プロフェット 5/25 CW 82.2 - 66.4 - 52.4 - 38.4 - 12.0 一杯
8枠 18番 プロディガルサン 5/25 南W 82.5 - 67.3 - 53.0 - 38.6 - 12.5 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(2枠3番:マカヒキ)
皐月賞後も順調のひと言。
しっかりと乗り込まれており、さらにみっちりと負荷も掛けられている。
今週は坂路で終い重点ながら全体52.9秒、ラスト1F12.1秒と申し分なし。
過去のレースを見る限り、折り合いに難のある馬ではなく、距離延長と東京コースに代わるのはプラス材料と捉えたい。
万全の状態でレースを迎えられそうだ。


(3枠5番:エアスピネル)
調教は動く馬だが、今回もまた中間は良い動きを披露していた。
完成度の早い印象があるが、皐月賞を見る限り、継続的に成長を感じられるのも好感が持てる。
レース後も順調で、ダービーに向けてこの上ない調整内容で来れたのではないだろうか。
逆転の鍵は、距離延長と位置取りだろう。
状態面は万全と思われるだけに、注目してみたい1頭だ。


(6枠12番:リオンディーズ)
皐月賞は強気な競馬を演じて、結果オーバーペースを引き起こしてしまった。
疲れが気になるところだが、調整内容を見る限りその心配は皆無と言って良いだろう。
中間は坂路とCWコースを併用しながら調整しており、今回は今まで以上に時計が速い。
このレースに向けて今までで最高の状態で出走が適いそうに思われる。


5月22日(日)東京11R、芝2400m

オークスの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 フロムマイハート 5/18 栗坂 54.0 - 39.2 - 25.5 - 12.6 馬也
1枠 2番 アウェイク 5/18 南W - - 51.8 - 37.7 - 12.8 馬也
2枠 3番 シンハライト 5/18 栗坂 53.6 - 39.2 - 25.6 - 12.8 仕掛
2枠 4番 アットザシーサイド 5/18 栗坂 57.5 - 41.0 - 25.8 - 12.3 強め
3枠 5番 ペプチドサル 5/18 CW 69.1 - 52.2 - 38.3 - 12.1 馬也
3枠 6番 アドマイヤリード 5/18 CW 78.2 - 63.2 - 49.7 - 36.9 - 12.3 一杯
4枠 7番 ゲッカコウ 5/18 南W 70.5 - 54.5 - 39.8 - 12.6 馬也
4枠 8番 デンコウアンジュ 5/18 CW 68.6 - 52.0 - 37.3 - 11.9 馬也
5枠 9番 ウインファビラス 5/18 南W 69.5 - 54.0 - 39.7 - 13.0 強め
5枠 10番 ダンツペンダント 5/18 CW 82.3 - 66.5 - 51.3 - 38.4 - 12.8 一杯
6枠 11番 エンジェルフェイス 5/18 CW - - 53.2 - 38.0 - 11.9 馬也
6枠 12番 フロンテアクイーン 5/18 南W 83.4 - 67.9 - 52.0 - 37.9 - 12.6 馬也
7枠 13番 チェッキーノ 5/19 南W 68.7 - 53.1 - 39.4 - 12.4 馬也
7枠 14番 ビッシュ 5/18 南芝 68.3 - 52.8 - 38.9 - 12.7 馬也
7枠 15番 レッドアヴァンセ 5/18 栗坂 53.6 - 39.2 - 25.2 - 12.2 仕掛
8枠 16番 ジェラシー 5/18 南W - - 57.5 - 41.5 - 13.1 馬也
8枠 17番 ロッテンマイヤー 5/18 栗坂 54.7 - 39.7 - 25.7 - 12.8 馬也
8枠 18番 ダイワドレッサー 5/18 南芝 68.9 - 53.1 - 39.3 - 13.0 馬也
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

今回、特に取り上げたい馬は見当たらなかった。

断然人気が想定されるシンハライトは、休み明け4走目ということもあり既に状態面は仕上がっていると思って良いだろう。

今回は状態を高いレベルで維持することに専念した調整内容と捉えたい。

良い意味で状態は平行線だろう。

3枠6番のアドマイヤリードは今週の調教時計がべらぼうに速い。

しかし、尻上がりに調教が強くなっている馬の好走はあまり目にしないし、当日の馬体重も非常に気になるところ。

小柄な牝馬だけに、当日カリカリしていないことが条件になるだろうし、調教時計だけを鵜呑みにするのは危険だろうと思われる。

その他の馬に関しては、順調の一言に尽きるだろう。