春競馬のG1シリーズの祭典の締めくくり、「宝塚記念(G1)」を予想していきたいと思う。

G1シリーズの中で、開催最終週に行われるということで一番馬場が荒れている状態だと思っていいだろう。

色んな開催場の色んな馬場状態でレースが行われるあたり、予想する側としてはそれだけファクターを用意しておかないといけない。

個人的にも昨年は3連単、3連複を的中できたレースだけに、今回も的中できたらと思う。

さっそく予想していこう。


展開予想


どの馬が逃げそうなのかが、非常に重要な要素。

メンバーを見渡すとこれと言った馬は見当たらない。

枠順的に3番ネオブラックダイヤあたりが行きそうな感。

競りかけて行く馬が他に見当たらない感じだし、ペースは少し遅くなるだろうと思う。

ただ、超スローペースとはいかないだろう。

前日が稍重でレースをされており、かなり芝の状態は荒れていると想定される。

よって、時計は結構掛かる状態が仕上がったとみていいと思う。

ある程度力のある馬であれば、前に行けた方が有利だろう。


走破時計は2分13秒5前後の時計になるのではないか。

多少上がりの方が掛かるレースと想定し、ラスト3Fは35秒前後になると想定しておこう。

この展開面を踏まえあとは、状態面と決め手の面を見ていきたいと思う。


システマチック予想


まずは、状態面で調教内容から状態の良さそうな馬を判断していきたいと思う。

全体的にしっかりと乗り込まれている馬がほとんどで、以下の馬達がうまく調整ができた馬たちのように思う。

・1番ショウナンパンドラ
・8番ディアデラマドレ
・11番ヌーヴォレコルト
・12番レッドデイヴィス
・13番ラキシス
・15番ゴールドシップ

上記の馬達が良い状態でレースを迎えられるのではないか。

逆に海外遠征帰りの2番トーセンスターダムはやはり目イチの調整ができていない感じがして、完調ではないだろう。

もう1頭の海外遠征帰りの7番ワンアンドオンリーも動きが多少重く、完調1歩手前とみたい。

それと、菊花賞以来の出走となる14番トーホウジャッカルはぶっつけが心配されているが、乗り込み量的に仕上がりはそれほど問題はないように思われる。


続いては決め手の面について。

スローペースでどれだけ力を発揮できそうかを見ていきたい。

以下の馬達が今までのレース経験から、決め手上位なのではないかと思う。

・4番アドマイヤスピカ
・5番カレンミロティック
・6番デニムアンドルビー
・8番ディアデラマドレ
・14番トーホウジャッカル
・15番ゴールドシップ
・16番ラブリーデイ

ここらあたりが今回力を発揮してくるのではないかと思っている。

注目の13番ラキシスだけど、冷静にみると前走はペースに恵まれており、良馬場でペースが遅くなった時そこまで決め手は鋭くはない。

昨年のエリザベス女王杯をスローペースの中で差し切り勝ちをしているが、レースレベル自体低かったため過剰評価はできない。

戦前はラキシスが一番強いのかなって感じていたけど、冷静にデータをみたら意外に評価が低くなったからビックリしている。


という感じで全頭の状態面と決め手を比較した結果、最上位にピックアップできたのは

・15番ゴールドシップ

ということになった。

よって、ゴールドシップを軸に馬券を購入したいと思う。

個人的にはゴールドシップの宝塚記念3連覇を応援したかったし、この結果を非常に歓迎したい。


買い目は以下の通り。

(3連複フォーメーション)
15 - 04, 05, 06, 16 - 04, 05, 06, 08, 11, 13, 14, 16 (22通り)


1番人気の馬を軸にしているから、それほど点数は増やせない。

うまく組み合わせでプラスになるようになればいいと思う。


ゴールドシップは、今年は調整から非常に順調だ。

スタートが良くない馬ではあるが、阪神2200mはスタート後の直線が長いだけに、昨年とまったく同じレースをするように思う。

鞍上の横典もこの馬のことをよく理解しているし、特に不安な点はない。

死角らしい死角が見当たらなかった。


後は、みんなの願いが通じるかだけだろう。

自分もその中の1人だ。

がんばれ! ゴルシ&横典!


6月28日(日)阪神11R、芝2200m

宝塚記念の調教展望

枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ショウナンパンドラ 6/24 栗坂 55.4 - 39.6 - 25.1 - 12.3 馬也
1枠 2番 トーセンスターダム 6/24 CW - - 55.4 - 41.3 - 12.7 仕掛
2枠 3番 ネオブラックダイヤ 6/24 南芝 66.4 - 51.0 - 37.4 - 11.8 馬也
2枠 4番 アドマイヤスピカ 6/24 CW 86.3 - 69.4 - 53.8 - 39.0 - 12.0 馬也
3枠 5番 カレンミロティック 6/24 栗坂 52.0 - 37.9 - 25.0 - 12.8 強め
3枠 6番 デニムアンドルビー 6/24 CW 69.0 - 52.7 - 38.0 - 11.7 馬也
4枠 7番 ワンアンドオンリー 6/24 栗坂 53.5 - 39.2 - 26.3 - 13.5 仕掛
4枠 8番 ディアデラマドレ 6/24 栗坂 69.4 - 53.1 - 38.4 - 11.7 馬也
5枠 9番 トウシンモンステラ 6/24 栗坂 53.8 - 39.0 - 25.1 - 12.7 一杯
5枠 10番 オーシャンブルー 6/24 CW - - 54.2 - 40.0 - 12.3 馬也
6枠 11番 ヌーヴォレコルト 6/24 南W 86.3 - 70.1 - 54.3 - 40.0 - 13.0 馬也
6枠 12番 レッドデイヴィス 6/24 栗坂 50.3 - 37.1 - 24.4 - 12.3 一杯
7枠 13番 ラキシス 6/24 CW 67.9 - 52.4 - 37.0 - 11.8 馬也
7枠 14番 トーホウジャッカル 6/24 栗坂 54.8 - 40.1 - 25.7 - 12.4 一杯
8枠 15番 ゴールドシップ 6/24 栗坂 52.9 - 38.2 - 24.5 - 12.2 仕掛
8枠 16番 ラブリーデイ 6/24 CW - - 54.4 - 39.8 - 12.5 強め
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:ショウナンパンドラ)
2015年は産経大阪杯以来、結果を残せていないが調整内容を見る限り、状態面が悪いとは思えない。
逆に状態面は非常に良好な感じがする。
この中間は坂路中心にしっかりと乗り込まれており、思い通りの調整ができたと思われる。
1週前に速い時計を一杯に追い切られており、今週は終い重点の追い切り。
距離の適性面がまだ分かっていないだけに、ここも軽視は禁物だろう。


(4枠8番:ディアデラマドレ)
ここ2戦マイルで驚異的な脚をつかっているが、位置取りが後ろだけにどうしても届かない面がある。
反面、驚異的な脚を使える良い状態にあったと思って問題ないだろう。
この中間の調整内容は非常に入念で、しっかりと負荷を掛けられてきた。
引き続き状態面は良好そうで、距離の2200mもエリザベス女王杯を見る限り問題ないだろう。
愛知杯では重たい馬場の中勝利しているし、後は展開次第といったところだろう。


(6枠11番:ヌーヴォレコルト)
2015年は初戦の中山記念で勝利しているように、仕上がりがいい感じでスタートを切っている。
前走のヴィクトリアマイルでは、マイルでの適性面の差が出た感じだろう。
状態面は引き続き良好を保っていると思われ、この中間は馬なり調整で状態維持に努めてきた。
今週の調整は非常に軽めだが、輸送も考慮しての調整だろう。
個人的には馬体重は460キロくらいあってもいいだろうと思っている。
逆に、この調整内容でマイナス体重で出走してくるようであれば少し心配だ。


(6枠12番:レッドデイヴィス)
休養明けの前走を叩いて2走目となる今回、中2週ながら坂路で好時計を出してきた。
全体50秒台、ラスト1F12.3秒と申し分なし。
2走目にして完調に近い状態で出走が可能なのではないか。
後は力関係がどうかだろう。


(7枠13番:ラキシス)
前走の産経大阪杯以来の出走となるが、この中間は非常に入念に乗り込まれている。
ここ目標に何本も時計を出されている。
特段速い時計が出されている訳ではないが、終い重点時はしっかりと反応を示している。
大阪杯の時は、調整面で完調とは思えなかったが、結果は快勝。
その点を踏まえると、今回はさらなる上積みが見られてもいいのではないだろうか。
好勝負必至の体勢は整ったとみる。


(8枠15番:ゴールドシップ)
前走の天皇賞春を快勝して、その後も順調すぎるくらい順調な調整内容で出走を迎えることができそうだ。
調教のお手本と言わんばかりの内容でケチのつけようがない。
1週前にCWコースで78秒台を一杯に追い切られて、今週は坂路コースで終い重点の追い切り。
反応も非常に良く、状態面は申し分ないだろう。
後は、どのタイミングで動き出すか、焦点はそこだろう。