秋華賞(G1)、菊花賞(G1)と3歳馬の最高峰決定戦は白熱したレースの中、上がり馬たちに称号が付与された。

そして、今週は古馬最高峰を決定する天皇賞秋(G1)が幕を下ろされる。

このレースを照準にステップレースを踏んで来る馬や休養明けの馬などローテーションは様々。

状態を把握する上で、まずはキッチリと調教が出来ていることが前提条件。

その調整過程から、状態の良さそうな馬を見つけ出していこう!


<11月2日(日)天皇賞秋の調教展望>
枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 ジェンティルドンナ 10/29 栗坂 52.9 - 38.8 - 25.1 - 12.5 強め
1枠 2番 ヒットザターゲット 10/29 栗坂 52.3 - 38.3 - 25.3 - 12.9 強め
2枠 3番 デニムアンドルビー 10/29 CW - - 55.0 - 39.3 - 11.7 馬也
2枠 4番 スピルバーグ 10/29 美坂 56.0 - 40.8 - 27.1 - 14.2 馬也
3枠 5番 エピファネイア 10/29 CW 66.5 - 50.4 - 36.8 - 12.4 一杯
3枠 6番 ダークシャドウ 10/30 美P - - 54.6 - 40.1 - 12.1 馬也
4枠 7番 サトノノブレス 10/29 CW 83.2 - 67.9 - 53.3 - 39.3 - 12.1 一杯
4枠 8番 ディサイファ 10/29 美坂 56.4 - 40.6 - 26.2 - 12.9 仕掛
5枠 9番 フェノーメノ 10/29 南W 81.6 - 66.3 - 51.9 - 38.2 - 12.8 仕掛
5枠 10番 ペルーサ 10/29 美坂 57.3 - 41.9 - 26.9 - 13.2 強め
6枠 11番 ラブイズブーシェ 10/29 CW 83.8 - 67.6 - 52.4 - 38.9 - 12.6 強め
6枠 12番 フラガラッハ 10/29 栗坂 51.9 - 38.4 - 25.0 - 12.5 一杯
7枠 13番 カレンブラックヒル 10/29 栗坂 50.7 - 37.3 - 24.6 - 12.4 一杯
7枠 14番 マーティンボロ 10/29 CW 82.7 - 67.8 - 53.7 - 39.4 - 12.4 馬也
7枠 15番 イスラボニータ 10/29 南W 67.0 - 51.5 - 37.4 - 11.8 仕掛
8枠 16番 トーセンジョーダン 10/29 CW 83.3 - 66.9 - 52.1 - 38.3 - 12.2 一杯
8枠 17番 アスカクリチャン 10/29 栗坂 54.6 - 38.9 - 25.5 - 12.7 一杯
8枠 18番 マイネルラクリマ 10/29 CW 84.0 - 68.9 - 53.6 - 39.3 - 12.4 強め

【◎ピックアップ!】

(6枠12番:フラガラッハ)
鞍上の高倉Jとの呼吸がぴったりと合っている感じで、今週の調教は坂路で好時計。
全体51秒台、ラスト1F12.5秒と状態は良好だろう。
前走のオールカマーでも直線が短いコースの中、あと1歩のところまで追いつめた。
この強力なメンバーに入っても、切れ味上位だけに、流れ1つで十分台頭があるだろう。


(7枠14番:マーティンボロ)
1戦毎に馬が強くなっている印象。
それに伴い、追い切りの時計も速くなっている。
1週前にCWコースで6F80秒台と好時計。終いも12秒台としっかりと動けている。
今週はCWコースで終い重点の追い切り。
6F82秒台、ラスト1Fを12.4秒とこの馬にとっては好時計。
前走と比較して別馬の様に動くようになっている。
上昇度はこの馬が1番と思わせるような内容だ。


(7枠15番:イスラボニータ)
前走でも仕上がり状態は良かったのだろう。
中間は目一杯に追い切りはされていないが、乗り込みは入念に行われている。
今週は南Wコースでルメール騎手を背に終いの反応を確かめる追い切り。
ラスト1Fを11.8秒と上々の反応を見せた。
状態面は申し分なく、いつも通り力を発揮できることだろう。


(8枠18番:マイネルラクリマ)
前走のオールカマーを快勝して、状態面は更にアップしているような感じ。
中間は疲れを見せずに、乗り込み量も入念。
速い時計の追い切りは行われていないが、今週は南Wコースでラスト1Fを仕掛けられ12.4秒と反応に応えてみせた。
大外枠はプラス材料にはならないだろうが、展開面で自分の有利な形に持ち込めるかどうかだろう。
調教内容から、陣営の熱い想いが伝わってくる。


秋華賞(G1)はショウナンパンドラという上がり馬、

菊花賞(G1)はトーホウジャッカルという上がり馬が春のG1戦線で活躍していた馬を撃砕してみせた。

そして、今週末に控えているのは天皇賞秋(G1)。

古馬戦線の最高峰のレースだと言っても良いレース。

成長盛りの3歳馬と実績十分の古馬との対決と言ってもいいだろう。

今週も勢いある馬が台頭することがあるのだろうか。

歴代の勝馬から、どのような馬が良い成績を残しているのか、過去の勝馬のデータを見ていくことにより紐解いていけたらと思う。


(2008年優勝馬 ウオッカ)


※天皇賞秋(G1)・・・芝2000m戦
***************************************************
<データ算出条件>
・過去10年の天皇賞秋(G1)の勝馬データ
***************************************************

【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 前半3F 後半3F ペース
2013年 ジャスタウェイ 1分57秒5 35.0秒 35.3秒 M(平均)
2012年 エイシンフラッシュ 1分57秒3 34.8秒 36.6秒 H(ハイ)
2011年 トーセンジョーダン 1分56秒1 34.3秒 35.8秒 H(ハイ)
2010年 ブエナビスタ 1分58秒2 35.3秒 34.9秒 M(平均)
2009年 カンパニー 1分57秒2 35.6秒 33.7秒 S(スロー)
2008年 ウオッカ 1分57秒2 35.2秒 35.2秒 M(平均)
2007年 メイショウサムソン 1分58秒4 36.1秒 35.0秒 M(平均)
2006年 ダイワメジャー 1分58秒8 35.4秒 35.6秒 M(平均)
2005年 ヘヴンリーロマンス 2分0秒1 37.0秒 33.6秒 S(スロー)
2004年 ゼンノロブロイ 1分58秒9 35.8秒 35.1秒 M(平均)

近年の傾向としては、馬場が良いため、走破時計が非常に速いことがこのレースの特徴と言えるのではないだろうか。
過去の勝馬を見る限り、レース展開に応じた勝馬が名を連ねているように感じる。
2014年はどんな展開になるのか、しっかり推測をした上で勝馬を予想していきたいところだろう。


【人気】
・1番人気 4頭
・4番人気 1頭
・5番人気 3頭
・6番人気以降 2頭


1番人気は4頭とそこまで信頼できる数値ではないように思える。。
2番人気と3番人気から勝馬が出ていないことから、上位で牽制し合うことで、やはり消耗してしまうのだろう。
5番人気以降で半数を占めるため、思い切った競馬をしそうな馬を狙ってみるのも面白いかも。


【年齢】
・3歳 0頭
・4歳 5頭
・5歳 4頭
・8歳 1頭


8歳馬はカンパニー。これは例外とみていいだろう。
ここまで息の長い馬の方が珍しいというもの。
3歳馬の勝馬はここ10年の間には出ていない。
中心は4歳、5歳ということになるだろう。


【性別】
・牡馬 7頭
・牝馬 3頭

出走頭数の割合から考えれば、牝馬の方が優勢と見ていいくらいだろう。
性別における優劣はないと考えて問題ないとみる。


【前走からの間隔】
・中3週 6頭
・中8週以上 4頭

顕著な結果が出ている。
中3週組は、毎日王冠か京都大賞典をステップに使った馬。
それ以外は休養明けの馬が台頭している。
他のトライアルから参戦してくる馬は少し割り引いて見た方がいいのかも。


【前走のレース】
・毎日王冠(G2) 5頭
・京都大賞典(G2) 1頭
・札幌記念(G2) 2頭
・宝塚記念(G1) 2頭

勝馬の全頭が前走はG2以上のレースをステップにしている。
夏場の重賞を勝ち上がってきた馬には厳しいデータと言える。
しかし、上記の内容は素直に信頼したいデータだ。


【前走の着順】
・1着 4頭
・2着 5頭
・9着 1頭

前走が9着で巻き返したのはエイシンフラッシュ。
エイシンフラッシュはG1馬で実績のある馬なので、その点は気に留めておきたい。
それ以外の馬は、2着以内と前走で好走していることが非常に重要なデータかも知れない。


【所属】
・栗東 8頭
・美浦 2頭


関西馬がここ10年では8勝と西高東低の傾向になっている。。


【枠順】
・1枠 3頭
・2枠 1頭
・3枠 0頭
・4枠 1頭
・5枠 0頭
・6枠 2頭
・7枠 3頭
・8枠 0頭

東京2000mは外枠不利なコース形態。
8枠はここ10年で0頭と燦々たる結果だけど、7枠からは勝馬が3頭も出ている。
勝馬の名はゼンノロブロイ、ダイワメジャー、ウオッカの3頭。
出走メンバーの中で力が1枚上だろうと思える馬だったら外枠でも問題ないとみることができるのだろう。
その点は頭の中に入れておきたいところ。



と、過去10年の天皇賞秋の勝馬データを算出してみた。

毎日王冠や京都大賞典組の上位馬を狙っていきたいと思わせる内容だと思うけど、2014年はどちらのトライアル上位馬も登録がない。

少し寂しい結果だけど、別の路線から盛り上げてくれる馬たちがいるので、楽しみは尽きない。

ジェンティルドンナやエピファネイアは復活が掛かるレースだけに意気込みは相当なものだろう。

今年は過去10年勝てていない3歳馬のイスラボニータが人気中心のメンバー構成となることが想定されるだけに、どんなレースになるのか非常に楽しみだ。