2016年はまだまだ厳しい寒さに包まれていますが、気持ちが熱くなるG1の開幕がやってきました。

1発目のG1は「フェブラリーS」。

ダート1600mの快速決着となりそうな1戦。

登録馬の数からフルゲートでの戦いとなりそうで、しっかりと過去のデータを参考に準備をしておきたいところ。

過去10年の勝馬のデータを参考に、色々と使えそうなデータを探し出せればと思います。

2連覇中のコパノリッキー
2連覇中のコパノリッキー

過去10年のフェブラリーS(G1)の勝馬データ


※フェブラリーS(G1)・・・(東京)ダート1600m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2015年 コパノリッキー 1:36.3 M(平均)
2014年 コパノリッキー 1:36.0 M(平均)
2013年 グレープブランデー 1:35.1 H(ハイ)
2012年 テスタマッタ 1:35.4 H(ハイ)
2011年 トランセンド 1:36.4 M(平均)
2010年 エスポワールシチー 1:34.9 M(平均)
2009年 サクセスブロッケン 1:34.6 M(平均)
2008年 ヴァーミリアン 1:35.3 M(平均)
2007年 サンライズバッカス 1:34.8 M(平均)
2006年 カネヒキリ 1:34.9 H(ハイ)
距離もマイルということで、スローペースには恐らくならないだろうというレース。
直近2年は時計が遅い決着となっており、多少レベルが低い内容だったのかも知れない。
今年は、世代交代の年とも言われているだけに、走破時計の想定も非常に重要なところだろう。


【人気】
・1番人気 5頭
・2番人気 0頭
・3番人気 2頭
・4番人気 0頭
・5番人気以降 3頭

1番人気は半数の5頭が勝利しており、押し出された1番人気以外は素直に信頼しても良いのではないだろうか。


【性別】
・牡馬 10頭
・牝馬 0頭

牝馬の出走頭数は少ないが、直近10年の間では連軸にすら絡んでいない。
データを信頼するのであれば、牝馬は多少割り引いて考えても良いのかも知れない。

【年齢】
・4歳 3頭
・5歳 5頭
・6歳 2頭

勝馬の年齢は、4歳~6歳の間で収まっている。
7歳以上の高齢馬はやはり多少割り引いて考えた方が良いのだろう。


【ローテーション】
・休養明け 4頭
・叩き2走目 0頭
・使い詰め 6頭

時季的なこともあり、ローテーションは休養明けか使い詰めの馬で勝馬が決まっている。
休養明けの馬が4頭も勝っており、休んでいたからといってマイナス要因とはなっていないことに注意。


【勝馬の脚質】
・逃げ 1頭
・先行 5頭
・差し 3頭
・追込 1頭
・マクリ 0頭

面白いデータが出ている。
逃げ・先行脚質の馬が6頭も勝っているが、この時は全て平均ペースだった。
2016年はどんなペースになるのか、非常に気になるところ。


【前走の着順】
・1着 5頭
・2着 1頭
・3着 2頭
・4着 0頭
・5着以降 1頭
・取消 1頭

前走の着順は3着以内の馬が8頭。
着外から勝ったのは、2014年のコパノリッキー。
コパノリッキーに関しては、ちょうど成長局面を迎えていたと捉えられるだけに、例外的な存在。
普通に考えれば、前走で大崩れしていない馬を選びたいところ。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 2頭
・3枠 0頭
・4枠 0頭
・5枠 0頭
・6枠 2頭
・7枠 2頭
・8枠 3頭

枠順は、外枠から勝馬が多く出ている感を受ける。
逆に真ん中の枠から勝馬が10年出ていないように、道中包まれやすく消耗しやすいのかも知れない。
内もしくは中の枠に入った差し、追込の馬は注意して見ておきたい。


【種牡馬データ:勝率(1着)】
・1位 トワイニング(23.5%)
・2位 Tapit(22.7%)
・3位 スクリーンヒーロー(19.0%)

【種牡馬データ:複勝率(3着以内)】
・1位 Tapit(40.9%)
・2位 トワイニング(29.4%)
・3位 スクリーンヒーロー(28.6%)

※データはフェブラリーS登録馬による過去3年強の東京ダート1600mの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象

勝率・複勝率は共に3頭の種牡馬で占める結果となった
特に、この3頭の勝率は20%前後と高く、妙味あれば単勝勝負も面白いところ。

<トワイニング産駒の登録馬>
・ノンコノユメ

<Tapit産駒の登録馬>
・ゴールデンバローズ

<スクリーンヒーロー産駒の登録馬>
・プロトコル


(まとめ)
いかがだったでしょうか。

過去10年のデータを見る限り、2016年はどれくらいの走破時計になるのか、

そして、どんなペースになるのかが非常に重要に思われる1戦です。

コパノリッキーは3連覇の懸かるレースですし、その動向も気になるところです。

上記データが参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


今週は2015年を締めくくる最後の祭典「有馬記念(G1)」。

ジャパンカップ以上にメンバーが揃いそうで、締めくくりに相応しいレースになること間違いなさそうです。

馬券も何とかして的中させたいレースですよね。

過去10年の勝馬データからしっかりと予習をしておきたいところです。

オルフェーヴル
最強! オルフェーヴル


過去10年の有馬記念(G1)の勝馬データ


※有馬記念(G1)・・・(中山)芝2500m
【過去10年の勝ち時計とペース】
開催年 勝馬 タイム 馬場 ペース
2014年 ジェンティルドンナ 2:35.3 S(スロー)
2013年 オルフェーヴル 2:32.3 M(平均)
2012年 ゴールドシップ 2:31.9 M(平均)
2011年 オルフェーヴル 2:36.0 S(スロー)
2010年 ヴィクトワールピサ 2:32.6 S(スロー)
2009年 ドリームジャーニー 2:30.0 M(平均)
2008年 ダイワスカーレット 2:31.5 M(平均)
2007年 マツリダゴッホ 2:33.6 M(平均)
2006年 ディープインパクト 2:31.9 M(平均)
2005年 ハーツクライ 2:31.9 M(平均)

距離的にハイペースになることはなかなかなさそうな過去10年の結果。
昨年みたいな超スローペースになるのか、ロングスパートを仕掛ける馬がいるのかは入念な検討が必要だろう。


【人気】
・1番人気 5頭
・2番人気 2頭
・3番人気 0頭
・4番人気 2頭
・5番人気以降 1頭

人気は1番人気が5頭で4番人気以内の馬を入れると計9頭と上位人気の馬達が勝っている。
5番人気以降で勝ったのは2007年のマツリダゴッホ(9番人気)。
この馬は中山コースに滅法強く、例外的な存在。
基本的には上位人気の馬が勝ちやすいレースと思っていいのではないか。


【性別】
・牡馬 8頭
・牝馬 2頭

牝馬で勝ったのは2008年のダイワスカーレットと2014年のジェンティルドンナ。
それなりの実績を持っていた2頭で、牝馬を狙うならG1勝ちは欲しいところか。


【年齢】
・3歳 3頭
・4歳 4頭
・5歳 3頭
・6歳 0頭
・7歳 0頭

年齢は3~5歳の間で決まっている。
6歳以上は多少割り引いて考えるのが妥当なところか。


【ローテーション】
・休養明け 3頭
・叩き2走目 1頭
・使い詰め 6頭

ローテーションは特に関係なさそうだ。
どういう仕上げで臨むのかが大切なところだろう。


【勝馬の脚質】
・逃げ 1頭
・先行 4頭
・差し 4頭
・追込 0頭
・マクリ 1頭

脚質面で注意すべきは、追込み一辺倒の馬には要注意といったところか。


【前走の着順】
・1着 3頭
・2着 3頭
・3着 1頭
・4着 1頭
・5着以降 2頭

前走が5着以下から巻き返したのは、2007年のマツリダゴッホと2009年のドリームジャーニーの2頭。
この2頭は前走が天皇賞秋(G1)で距離延長が功を奏した要因とも思われる。
今回、距離延長が好ましいと思われる馬は前走着順に関係なくチェックしておきたいところ。


【枠順】
・1枠 1頭
・2枠 2頭
・3枠 2頭
・4枠 0頭
・5枠 2頭
・6枠 1頭
・7枠 1頭
・8枠 1頭

距離も長いレースだけに、枠順は万遍なく勝馬が出ている。
2015年は馬場状態が大きく崩れている訳ではないだけに、2014年のような超スローペースになった場合は内枠が有利と言えるのではないだろうか。


【種牡馬データ:勝率(1着)】
・1位 ステイゴールド(20.0%)
・2位 ネオユニヴァース(12.5%)
・3位 ハーツクライ(8.3%)

【種牡馬データ:複勝率(3着以内)】
・1位 ステイゴールド(38.3%)
・2位 ネオユニヴァース(37.5%)
・3位 ハーツクライ(33.3%)

※データは有馬記念登録馬による過去3年強の中山芝2500mの種牡馬実績
※最低出走回数は10回以上の種牡馬が対象

いつも上位に顔を覗かせるディープインパクト産駒は、中山2500mにおいては勝率も複勝率も3位以下。
圧倒的な強さを誇っているのはステイゴールド産駒。
ネオユニヴァース産駒も奮闘しているので、この2頭の産駒が出走してきた際にはチェックしておきたいところ。

<ステイゴールド産駒の登録馬>
・オーシャンブルー
・ゴールドシップ


<ネオユニヴァース産駒の登録馬>
・サウンズオブアース


(まとめ)
いかがだったでしょうか。

データはしっかりと頭の中に入れて予想に役立てるようにしたいところですね。

ラストランとなるゴールドシップも久々に鞍上内田騎手に戻ってのレース。

出遅れなくレースしてくれることを願いたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。