10月31日(土)京都11R、芝1400m

スワンSの調教展望


枠順 馬名 コース 馬場 調教時計 動き
1枠 1番 サトノルパン 10/28 栗坂 52.9 - 39.8 - 26.9 - 14.2 馬也
2枠 2番 サンライズメジャー 10/28 栗坂 56.8 - 41.4 - 26.7 - 12.9 馬也
2枠 3番 バクシンテイオー 10/28 南W 70.1 - 54.6 - 39.8 - 12.9 馬也
3枠 4番 フミノムーン 10/28 栗坂 53.8 - 39.0 - 25.3 - 12.4 馬也
3枠 5番 ベルルミエール 10/28 CW - - 49.8 - 36.5 - 12.2 一杯
4枠 6番 エーシントップ 10/28 CW 81.2 - 66.5 - 52.8 - 39.7 - 12.2 一杯
4枠 7番 コパノリチャード 10/28 栗坂 52.0 - 38.5 - 25.3 - 12.8 一杯
5枠 8番 ローブティサージュ 10/28 栗坂 55.7 - 40.2 - 25.7 - 12.4 仕掛
5枠 9番 オメガヴェンデッタ 10/28 栗坂 51.4 - 37.4 - 24.5 - 12.0 一杯
6枠 10番 テイエムタイホー 10/28 CW 84.8 - 68.9 - 53.5 - 38.7 - 11.6 強め
6枠 11番 アルビアーノ 10/28 南W - - 53.4 - 39.4 - 12.3 強め
7枠 12番 リトルゲルダ 10/28 栗坂 52.2 - 38.5 - 25.6 - 13.3 強め
7枠 13番 ダイワマッジョーレ 10/28 栗坂 52.0 - 37.9 - 24.8 - 12.5 一杯
8枠 14番 フィエロ 10/28 栗坂 54.7 - 39.1 - 24.9 - 12.3 一杯
8枠 15番 ティーハーフ 10/28 栗坂 53.9 - 39.0 - 24.7 - 12.2 一杯
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

【◎ピックアップ!】

(1枠1番:サトノルパン)
休養明けの前走を快勝して今回は中3週の競馬。
前走時で仕上がっていた感もあるが、中間の調整を見る限り増々快調といった感じ。
今週は坂路コースで全体52秒を馬なりで計時。
状態の良さから一気にG2制覇となる可能性も十分だ。


(3枠4番:フミノムーン)
NHKマイルC以来、約5カ月振りの出走となる。
春の実績だけでは不十分な感じを受けるが、調教内容はそれを覆すような動き。
3週連続で坂路コースで時計を出しており、今週は馬なりの終い重点の内容。
ラスト1Fを12.4秒としっかり反応し、初戦から力を出せる状態は整ったとみたい。
後はその成長力でどこまでカバーできるかだろう。


(5枠9番:オメガヴェンデッタ)
夏のキーンランドC以来の出走となるが、間隔を開けた時に好成績を残している。
この中間の調教も非常に動いており、今週は坂路で全体51.4秒、ラスト1F12.0秒と申し分なし。
乗り込み量も十分で状態面は非常に良さそうな感じを受ける。
リフレッシュ効果を活かしてG2制覇を期待したいところ。


(8枠15番:ティーハーフ)
スプリンターズSから中3週での競馬。
レース後も順調で、しっかりと乗り込まれてきた。
今週は終い重点の追い切りで、坂路でラスト1F12.2秒の時計。
展開に左右される面が大きく、今回は速いペースを望みたいところ。
叩き3走目となる今回、状態は完調に近い状態だろう。

【データ】過去10年の勝馬データから、アルゼンチン共和国杯(G2)を占う(2015年)

【展望】天皇賞秋の各馬の展望

comment iconコメント 数 0

コメントの投稿