菊花賞の登録馬は以下の19頭。

その内レントラーは回避の見込みで全頭出走が適うことになる。

過去のデータから種牡馬の京都3000m以上での実績を見ていきたいと思う。

血統的な面から見れば、母系も重要な訳ですが、先ずは父親の実績が判らなければ母系云々ではないと感じます。

それでは見てみたいと思います。

京都の長距離に強いステイゴールド
(京都の長距離に強いステイゴールド)

<京都芝3000m以上:種牡馬実績>


【菊花賞登録馬】
・アルバートドック(父:ディープインパクト)
・キタサンブラック(父:ブラックタイド)
・サトノラーゼン(父:ディープインパクト)
・ジュンツバサ(父:ステイゴールド)
・スティーグリッツ(父:ハービンジャー)
・スピリッツミノル(父:ディープスカイ)
・タガノエスプレッソ(父:ブラックタイド)
・タンタアレグリア(父:ゼンノロブロイ)
・ブライトエンブレム(父:ネオユニヴァース)
・ベルーフ(父:ハービンジャー)
・マサハヤドリーム(父:メイショウサムソン)
・マッサビエル(父:ハービンジャー)
・ミコラソン(父:ダイワメジャー)
・ミュゼエイリアン(父:スクリーンヒーロー)
・リアファル(父:ゼンノロブロイ)
・リアルスティール(父:ディープインパクト)
・レッドソロモン(父:メイショウサムソン)
・レントラー(父:ハーツクライ)
・ワンダーアツレッタ(父:エンパイアメーカー)

※レントラーは回避見込みのためデータからは割愛

頭数は18頭でも、種牡馬に換算すると

・ディープインパクト産駒:3頭
・ハービンジャー産駒:3頭
・ブラックタイド産駒:2頭
・ゼンノロブロイ産駒:2頭
・メイショウサムソン産駒:2頭
・ステイゴールド産駒:1頭
・ディープスカイ産駒:1頭
・ネオユニヴァース産駒:1頭
・ダイワメジャー産駒:1頭
・スクリーンヒーロー産駒:1頭
・エンパイアメーカー産駒:1頭

の11頭にまとまることができる。

上記11頭の京都3000m以上の種牡馬の実績面を見てみたいと思います。

種牡馬 着順成績 勝率 連対率 複勝率
ディープインパクト 0 - 2 - 2 - 20 0% 8.3% 16.7%
ハービンジャー 0 - 0 - 0 - 0 0% 0% 0%
ブラックタイド 0 - 0 - 0 - 2 0% 0% 0%
ゼンノロブロイ 1 - 1 - 0 - 6 12.5% 25.0% 25.0%
メイショウサムソン 0 - 0 - 0 - 1 0% 0% 0%
ステイゴールド 5 - 0 - 1 - 17 21.7% 21.7% 26.1%
ディープスカイ 0 - 0 - 0 - 0 0% 0% 0%
ネオユニヴァース 1 - 1 - 0 - 11 7.7% 15.4% 15.4%
ダイワメジャー 0 - 0 - 0 - 1 0% 0% 0%
スクリーンヒーロー 0 - 0 - 1 - 0 0% 0% 100%
エンパイアメーカー 0 - 0 - 0 - 0 0% 0% 0%
(※スマホで閲覧の場合、見えない部分は右にスクロールしてください)

上記の結果を見てみると、勝率、連対率、複勝率で秀でている産駒は以下のようになった。

勝率1位:ステイゴールド(21.7%)
連対率1位:ゼンノロブロイ(25.0%)
複勝率1位:ステイゴールド(26.1%)

ステイゴールド産駒とゼンノロブロイ産駒は要チェックと言ったところです。。


それ以外ではハービンジャー産駒、ディープスカイ産駒、エンパイアメーカー産駒は京都の3000m以上を経験した馬はいないことが判る。

この3頭はデータがないため、データとしては参考外。

他にもブラックタイド産駒、メイショウサムソン産駒、ダイワメジャー産駒、スクリーンヒーロー産駒はデータが少なすぎる為、あくまで参考程度と言ったところか。


参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

【調教展望】京都11R 菊花賞(G1)(2015年)

【データ】過去10年の勝馬データから、菊花賞(G1)を占う(2015年)

comment iconコメント 数 2

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-10-20 22:51

Re: タイトルなし

どのようなことですか?

名前: システマ [Edit] 2015-10-21 09:03

コメントの投稿